TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

【亀の病気】 水カビ病の治療と使える薬 まとめ【2021年版】

◇評価 273ポイント
◇閲覧回数 336,262
◇登録日
2011年5月19日

Check

前のネタへ
次のネタへ



亀(とくにニホンイシガメ)がよくかかる皮膚の病気「水カビ病」について、症状・原因・治療方法をご紹介します。




■症状・・・おもに、以下の症状が見られます。


・甲羅や体の一部が、部分的に白い
・皮膚にモヤモヤの白いものがついている
・白っぽい皮膚がはがれている


※甲羅が白いときは、水カビ以外の病気(シェルロットやアエロモナス感染症など)の可能性も。




■原因・・・飼育環境の悪化・亀の体力低下。

水中にいる真菌(カビ)が原因。水質が悪い・水温が低い・日光浴不足・ジメジメしているなどの飼育環境の悪化で、亀の抵抗力が弱まると発症します。




■特徴
・・・15℃前後で発症・イシガメに多い。

真菌が活発になる水温は、15℃前後。春先など季節の変わり目に多く発症し、逆に28℃以上(もしくは冬眠中)は発症しないのが特徴。二ホンイシガメは皮膚が弱く、発症しやすいです。




■治療・・・イソジン消毒・水温25℃以上で飼育。

完治しにくいため、根気よく治療を続けることが大切です。改善しないときは、動物病院で診察を受けましょう。


1、ついたカビを取りのぞく
体についた白いモヤモヤ部分のみ、ピンセットなどで取り除きます。皮膚がふやけて白くなっている部分は、無理に剥がしたり触らないよう注意。

2、イソジンで消毒・薬浴
治るまで毎日、「水で5〜10倍に薄めたイソジンを患部に塗って消毒」もしくは「30分ほど液につける薬浴」をします。刺激が強いため、亀の目や体内に液が入らないよう注意。

3、強制バスキングをする
イソジン消毒後は、1時間ほど強制バスキング。水の入っていない水槽や容器に亀を入れ、しっかり紫外線に当てて体を乾燥。亀が熱中症にならないよう注意しながら行います。

4、水温は25℃以上で飼育
水カビ病は、28℃以上もしくは10℃以下の低温だと発生しません。カビの増殖を防ぎつつ亀が活発になる適温は、水温25℃以上。水中ヒーターで水温25℃以上を保ちます。

5、飼育環境を改善する
水中のカビを取りのぞくため、使っていたフィルターは一式交換を。清潔な飼育環境を保つため、水換えと日光浴は毎日行い、風通し良い環境を確保します。




■薬剤・・・カビに効果のある「抗真菌剤」を使う。

水カビ病の治療で「メチレンブルー」を使う方法もありましたが、2020年から販売停止されています。カビ(真菌)が原因のため、抗真菌薬を使います。


○イソジン(うがい液)
軽度のときは、イソジン薬浴を根気よく続けて治癒することも多いです。もっとも手軽にできる方法です。

○クロマイ-N軟膏
抗真菌剤が入った軟膏。体に塗って30分ほど乾かし、水で洗い流してから亀を水槽へ戻します。→【Amazon】クロマイ-N軟膏

○テラマイシン軟膏
亀の皮膚炎(細菌と水カビ)どちらにも効果的とされる軟膏。水カビと同時に、他の細菌にもやられているときはこちらが効果的。体に塗って30分ほど乾かし、水で洗い流してから亀を水槽へ戻します →【Amazon】テラマイシン軟膏



(2021年3月6日 改訂)

解説:
まゆみん(まにあ道 公式タレント)


YouTube まゆみんの「まにコスちゃんねる」
Twitter まゆみん@maniana_mayumin


Amazon.co.jp


マルカン
ワンタッチ
スタンド
(スイッチ付)

¥2,299
【prime】
カメ元気
ニオイ
雑菌を
おさえる水

¥455
【prime】
【28℃設定】
カメ元気
オート
ヒーター

¥1,911
【prime】
明治
イソジン
うがい薬
250ml

¥1,350
【prime】
【防滴ライト】
バスキング
スワンプ
グロー 50W

¥1,560
【prime】

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る