TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

ヨーロッパ周遊のちょっと変わったプランニング例

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 11,018
◇登録日
2008年4月12日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.48

Check

前のネタへ
次のネタへ
    せっかくヨーロッパに行くのなら、数カ国を周遊したい!
    そう思われる方も多いと思います。

    ツアーを見てみると、いくつかの定番コースが存在しています。
    最もポピュラーなのはロンドンとパリをユーロスターでつなぐというコースです。
    また、フランスとイタリアを組み合わせたり、
    北欧を周遊してスウェーデンからフィンランドへは船旅を楽しむものもあります。

    Seaviewの場合、定番コースをわざとはずして周遊しています。
    そこで、これまでに旅したルートで、常識的には考えられない組み合わせのものを
    ここで紹介していこうと思っています。

    1 モロッコ+フランス+ノルウェー
    名古屋からロンドン経由でパリに入り1泊(当時BAが名古屋−ロンドン線を運航)、
    翌朝パリからカサブランカに飛び、ユースホステルで2泊しながら
    首都のラバトの市場や海岸の散策に王のお墓の訪問や、
    カサブランカの街歩きを楽しむ。
    その後パリに戻って超高級ホテルで2泊し、セレブ気分を満喫。
    パリからロンドン経由でベルゲンに飛び、ノルウェー入国。
    ベルゲンの美しいリアス式海岸を見たあと、
    山の景色が絶景なベルゲン鉄道でオスロに行き、
    海岸沿いの散策のあとシーフードをいただく。
    オスロからロンドン経由で名古屋に帰国。
    <注:モロッコはアフリカだが、航空運賃のルールではアルジェリアや
    チュニジアと同様にヨーロッパ扱いになっている>

    2 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ+アイスランド
    名古屋からソウル・ローマを経由してウィーンで1泊。
    ここからボスニア・ヘルツェゴヴィナのスルプスカ共和国の首都
    バニャルカに飛び2泊。バニャルカのみならず昔の鉱山町のプリエドールや
    クロアチアとの国境の町コザルスカ・ドゥビツァも訪問。
    ボスニア紛争と第2次大戦の戦跡をめぐり、平和の大切さをかみしめる。
    バニャルカからウィーン経由でコペンハーゲンに飛び1泊した後、
    さらにレイキャビークに飛んでアイスランド入国。
    シングヴェトリル国立公園(世界遺産)で地溝帯や間欠泉、滝を見たほか、
    スコーガフォスにセリヤランズフォスといった滝を見物。
    レイキャビークで3泊した後フランクフルト・ソウル経由で名古屋に戻る。

    こんな旅をできるようにするのが、この道場の一番の目的です。
    これからもどうぞよろしく!
    【このネタに対するあなたの評価は?】
    ☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

    ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

    【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。