TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

フランスで現地到着後必要になるお金について

◇評価 21ポイント
◇閲覧回数 6,317
◇登録日
2008年6月23日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ
イギリスに続き、今度はフランスで必要になるお金を
シャルル・ドゴール空港からパリ市内へ行く場合を例に挙げて、
シミュレーションをしてみようと思います

まずパリ市内へ出るために、バスに乗ることになります。
急行地下鉄RERもありますが、車内の治安に問題があるため、
ここでは省略することにします。

バスはエールフランスバス(Les Cars Air France)と、
パリ市交通公団RATPのロワシーバス(Roissy Bus:正確にはロワシービュス)があります。
エールフランスバスはポルト・マイヨー(Porte Maillot)経由の
凱旋門(Arc de Trionphe)行きの2号線が片道15ユーロ、
4号線のパリ・リヨン駅(Gare de Lyon)経由
モンパルナス(Montparnasse)行きは、片道16.50ユーロです。

一方、RATPのロワシーバスはオペラ座前(Opera)まで走り、片道9.40ユーロです。

いずれもきっぷは空港のきっぷ売り場(自動券売機を含む)では
クレジットカードでも買えます。
現金でパスの運転手から直接きっぷを買うこともできます。
ロワシーバスのみ、乗車後にきっぷを運転手後ろに設置されている
刻印機に必ず通してください。

パリの中心部に到着後タクシーに乗る場合は、距離にもよりますが、
現金で10ユーロから20ユーロ程度で大丈夫です。

夕食をファーストフードなどで簡単に済ませる場合は、
現金で10ユーロあれば余裕です。
セルフサービスではないレストランに行く場合は、
最低20ユーロは見込んでおいてください。こちらはクレジットカードでOKです。

なお、日本で現金両替した場合に渡される100ユーロ札は
フランスではほとんど流通していないため、嫌がられる場合があります。
できるだけ日本でユーロ建てトラベラーズチェックを購入し、
フランス到着後に空港で現金化して5ユーロ札や20ユーロ札で受け取る方が使いやすいです。
アメリカンエキスプレスのトラベラーズチェックをお持ちの場合、
空港内にもたくさんあるアメリカンエキスプレスの両替所では手数料は無料です。

よって、クレジットカードをメインに使った上で、
現金は7日間で300ユーロあればほぼ大丈夫です。
地方都市に行く場合などタクシーをひんぱんに利用する場合は、
5割増くらいで計算してください。
また、イギリス同様クレジットカードの利用は、ICチップ付きをお勧めします。
その場合、4ケタの暗証番号を機械で押しますのでお忘れなく。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。