TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

フェリーで英仏海峡を渡る

◇評価 3ポイント
◇閲覧回数 9,703
◇登録日
2008年2月25日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ
イギリスとフランスの間は、日本人の場合ユーロスターでトンネルをくぐるか、
飛行機で渡るケースが多いと思われます。
でも時間に余裕があれば、船で渡るのも楽しいです。

Seaviewは過去に高速船シーキャットに乗って、
フランスのブーローニュからイギリスのフォークストーンまで、
わずか1時間で渡った経験がありますが、
船は揺れに揺れて、もう大変でした・・・。
シックキャットと言うあだ名がついても無理のない話です。

今回は高速船ではなく、カーフェリーです。
Seaviewのイギリスの目的地はボーンマスなので、
その隣町のプールへ行くフェリーに乗るために、
フランスのパリから列車で3時間かけてシェルブールまでやってきました。

シェルブールは映画シェルブールの雨傘で日本でも有名ですが、
最近では日本の使用済み核燃料の輸送先としても知られています。

前もって予約状況を調べたところ、満席には程遠い状況だったので、
予約せずに直接シェルブール港へ行き、きっぷを買いました。
4時間半というちょっと長めの船旅なので、
仮眠をとれるように追加料金を払って個室を確保しました。
それでも船賃は84ユーロ(約13500円)という安さです。

船の中にはカフェテリアやバー、ゲームセンターに売店などが完備し、
リクライニングシートの一般客室では映画も上映されていました。
Seaviewはまず荷物を自分の部屋に入れ、
デッキで夕暮れの中の出航の様子を眺めていました。

イギリス人乗客の何人かとのおしゃべりを楽しんだりした後、
1人でカフェテリアに入ってグラタンとスープで夕食にしました。
支払はイギリスポンドとユーロが選べましたが、
条件が良かったポンドで支払いました。

食事が終わった後は部屋に戻って2時間ほど仮眠をしました。
部屋は4人部屋ですが、1人で貸切にしていました。

到着の30分前に放送が入り、目が覚めて降りる準備です。
もう、プール港は目の前にありました。
ゆっくりと接岸してプール港で下船しました。

船旅が楽しめる場所はヨーロッパ内でも結構あります。
みなさんも機会があったら是非お試しください。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。