TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

欧州旅日記1 比較的すいていたBAのフライト

◇評価 20ポイント
◇閲覧回数 10,047
◇登録日
2009年2月1日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ
    1月29日、成田発のBAで日本を後にしました。
    今回はBAのマイレージ「エグゼクティブクラブ」でもらった
    特典航空券により、運賃無料でプレミアムエコノミーの
    「ワールドトラベラープラス」(WTP)に乗りました。

    WTPはプレミアムエコノミーなのに、なぜか今回の機体では
    エコノミークラスのすぐ前ではなく、ビジネスクラスよりも前にありました。
    (ビジネスクラスの後にある機体もあるので念のため)
    このため、WTPの前はファーストクラスということになります。
    その結果、エコノミークラス(ワールドトラベラー)からは
    隔離されていて、静かな雰囲気でした。
    しかも、乗客は少なかったのでくつろげました。

    食事は基本的にエコノミークラスと同じです。
    しかし、飲み物は基本的にグラスでサービスされ、
    プラスチックのコップのエコノミーとは区別しています。

    ところで、現在Seaviewは熊本県に住んでいるため、
    成田まで行くのは結構大変でした。
    行きは出国前日に熊本空港をスカイネットアジア航空で発って
    羽田へ向かい、羽田エクセルホテル東急で1泊し、
    当日にリムジンバスで成田へ移動したのでした。
    やはり、地方空港出発では成田は不便を感じました。

    話を元に戻して、快適なフライトでぐっすり眠った後、
    ロンドンヒースロー空港に到着。
    ここでマンチェスター行きに乗り継ぎです。
    荷物は自動的にマンチェスター行きに積み替えられ、
    自分自身はヒースローの乗継客専用の入国審査場へ行き、
    入国審査を受けてイギリスに入りました。

    マンチェスター行きは国内線なので、乗継カウンターで写真を撮られます。
    そして出発ロビーは国際線と国内線が一体になっており、
    出国した人と入国した人が入り乱れています。
    しかし、国内線フライトに搭乗する人は、
    搭乗ゲートで搭乗券だけでなく写真確認があるので、
    替え玉による不法入国はできない仕組みになっているのです。

    マンチェスター行きも機内はすいていました。
    国内線ですが、サンドイッチのサービスがありました。
    1時間ほどで到着し、荷物を受け取ってここで通関しました。

    その2へ続きます。
    【このネタに対するあなたの評価は?】
    ☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

    ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

    【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。