TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

ヒースロー空港ターミナル5のA10番搭乗口の秘密

◇評価 40ポイント
◇閲覧回数 10,468
◇登録日
2008年12月7日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ
華々しくオープンするはずが、数々の不手際によるトラブルで
世界中で評判を落としたロンドン・ヒースロー空港のターミナル5(T5)。
その後も整備計画には遅れが生じていて、
先日はターミナル1に残るBA(ブリティッシュエアウェイズ)のフライトを
ターミナル3に移転する日程を延期することを発表するなど、
現在も計画の遅延は続いています。

そんなヒースロー空港ですが、BAのみが使用するT5には
ちょっとユニークな搭乗口があることを発見しました。
その名はA10番搭乗口です。

T5にはA・B・Cの3つのエリアがあり、
BとCはトランジットと呼ばれるミニ地下鉄で移動します。
その中で、A10に関してはミニ地下鉄での移動はいらないのですが、
出発案内表示を見ると、やたらA10番搭乗口へ行くことを求める
フライトが並んでいることに気付くことと思います。

実はこのA10番搭乗口は、バスで飛行機まで横付けする
スタイルでの搭乗をする専用の搭乗口なのです。
しかも対象便の大半が大型機を使う長距離便なのです。
他の空港ではバスでの搭乗は決して珍しいものではありませんが、
ヒースロー空港ではプロペラ機など比較的小さな飛行機でしか
このような搭乗スタイルはなかったので、ちょっとした驚きです。

では、どのように搭乗するのでしょう。
T5のA10番搭乗口は、日本流でいう1階にあり、エスカレータで降ります。
ここではさらにaからeに分かれて搭乗口があります。(例:A10e)
搭乗案内があると、そこでバスに乗ります。
バスはしばらくトンネルを通り、飛行機まで10分ほどかけて走るのです。
それもそのはず、飛行機が駐機しているのは、
T5のCエリアよりも遠い場所にあるからなのです!

BAの成田便もこのA10を使うケースがあります。
その場合、他の便よりも早めに搭乗案内が出ます。
BAで日本へ帰国される場合は、時間に余裕を持って、
早めのチェックインをされることをお勧めします。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。