TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

ロンドンでの車内マナー向上への取り組み

◇評価 20ポイント
◇閲覧回数 8,099
◇登録日
2008年12月3日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ


イギリスで鉄道や地下鉄を利用したとき、
乗客のマナーの悪さにビックリされた方も多いと思います。
それもそのはず、向かい合わせのボックスシートでは、
靴をはいたまま足を向かいの座席に乗せていたり、
ゴミを平気で散らかしたり(写真右)するのはしょっちゅうだからです。

足を投げ出すことについては、何も車内だけでのことではありません。
イギリスの大学の講義でも、前の座席に足を投げ出す学生は
少なからず存在しており、指導教官も黙認しているありさまです。

また、車内の女性の化粧はしょっちゅう見かけますし、
iPodやウォークマンなどを平気で音漏れさせながら音楽を聞いていたり、
ひどい場合はわざわざ外部スピーカーをつけて
堂々と車内で音楽を鳴らす若者さえいるのです。

しかし、さすがのイギリス人もこの状況を
放置しておくことはできなくなってきたようです。
それを示すように、英国鉄道各社では
「足を投げ出さないように」とか、
「スピーカーでの音楽は鳴らさないように」などの
注意文を車内に掲示するようになってきました。

そして過去ネタでも書きましたが、ロンドン交通局(TfL)は
車内での飲酒を禁止するルールを持っています。
これは単に飲むだけでなく、開栓することも違反とされます。

さらにロンドン交通局はマナー向上のための
特設のウェブサイトを開設しました。
その名も「Together for London」(写真)です。
Transport for London(TfL)に引っかけた名前ですが、
ここではサイト訪問者から何がマナー違反なのか、
そして気分よく地下鉄・バスなどを利用するための
アイデア募集など、読者参加型の内容となっています。
http://www.togetherforlondon.org/

これはどちらかというと子供に対する
教育の側面を持っているように見えますが、
実際にマナーを守らないのは大人なので、
自ら手本になるべく、意識向上を図ることを
目指しているように思えます。

なんでもやりっぱなしだったイギリスも、
少しずつ変わろうとしてきています。
それは2012年のロンドンオリンピック開催も
少なからず影響しているのかもしれません。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。