TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

シェーバー用のコンセントは何に使えるか?

◇評価 61ポイント
◇閲覧回数 18,609
◇登録日
2008年7月7日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ
ヨーロッパへの旅を計画する上で、
日本の電化製品を持っていかなくてはならないケースがあります。
でも、どこまで持っていったらいいのか、分かりにくい方もいるかと思います。



ヨーロッパでは220〜230Vと日本の2倍以上の電圧となっていることもあって、
電源プラグの形状は、日本とヨーロッパでは全く異なります。
しかし大半のホテルでは、バスルームに行けばシェーバー用のコンセントがあるので、
日本仕様の製品も利用することができます。
写真左はフランスの一例、写真右はイギリスの一例です。



シェーバー用コンセントの表示は上のイラストのようになっています。
この場合の電圧は100Vではなく110〜115Vのことが多いですが、
この程度なら問題なく使用することができます。

ではシェーバー用のコンセントは、どのレベルまでの電化製品が
使えるのでしょうか。

実はこのコンセントには国際的な取り決めがあります。
International Electrotechnical Commission(国際電気標準会議)の
IEC 61558-2-5という規定によって出力が定められているのです。
この規定によれば、定格出力が20VA以上50VA以下と規定されています。
(出典:経済産業省の文書→リンクはこちら<PDF>
VAはボルトアンペアと読み、皮相電力と訳されます。
この皮相電力に「力率」(電力をどれだけ有効に使用できるかを示す値)を
かけたものがみなさんご存知のW(ワット=有効電力)となります。

当然のことながら、シェーバー(電気カミソリ)の使用ができます。
この場合、充電式のものも使うことができます。

次に使えるのは携帯電話の充電器です。
モトローラ社製で15VA、富士通製ドコモFOMA用が11VA
なっており、問題なく使えます。

同様にデジカメのバッテリーの充電もOKです。
ニコンD40用のチャージャーは18VAでした。

このためシェーバー用の電源は、あくまでも充電池(バッテリー)で動く
小さな電化製品の充電を目的にしたものである、と考えてください。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。