TOP > ライフ > 環境を守ろう道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 環境を守ろう道場

電気自動車 「i-MiEV」を考える

◇評価 20ポイント
◇閲覧回数 8,610
◇登録日
2009年9月4日
ブルンディ
ブルンディ
道場主

Lv.278

Check

前のネタへ
次のネタへ
三菱自動車から発売されている電気自動車「i-MiEV」。
現在は法人向けリースのみですが、来年4月には一般に販売が開始されます。

現在エコカーで主流なのがハイブリッド車ですが、三菱以外の各社も電気自動車、燃料電池車の販売開始を早める発表しており、来年からは脱ガソリンの動きが活発になると思われます。

ただ、普及には価格が重要な要素を占めるのが確実で、経済不況のこの世の中、ますますシビアになってきています。
この車、現在の価格は459万9000円だが、政府(次世代自動車振興センター)からの補助金等が最大139万円出るので、実質320万円ほどで購入できます。

それでも同じ三菱の軽自動車「i」の価格の2〜3倍することを考えると、ホンダが打ち出している、普通車とハイブリッドの価格差を20万円以下にする水準より、相当の開きがあります。

走行コストは、1kmあたり昼間の電力で約2.5円、夜間電力を利用すれば約1円まで落とせます。
これはガソリン車と比べて1/10程度、ハイブリッド車と比べても1/3と、相当なもの。
しかし、年間1万km走行した時のコスト差は、すべて夜間電力を使ったとしても2万円程度。ハイブリッド車との価格差200万円を埋めようとすると、約100年かかる計算になります。
もちろんこんな単純計算ではいけませんが、まだまだコストパフォーマンスといった点では厳しいのが実情です。

ただ、こういった動きが広がることで、確実に価格は下がっていきます。
ハイブリッド車もそうでした。
われわれ庶民が気軽に乗れるくらいのところまで価格が下がってくるといいですね。

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。