TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

レシートの見方・イギリス編

◇評価 20ポイント
◇閲覧回数 13,372
◇登録日
2008年12月17日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ
ヨーロッパでも買い物をすればたいていレシートがもらえます。
しかし印字内容については、日本と似ているようで微妙に異なる部分があります。
今回はそれについて、実物を見ながら解説していきます。

写真はイギリス南部を中心に展開する高級スーパーの
ウェイトローズ(Waitrose)のレシートです。
ウェストフィールド店のものです。
(ウェストフィールドについては別ネタ参照)

この時には4つの商品を購入しています。
各商品名の一番初めに「V」の表記がありますが、
これはVAT(付加価値税=日本の消費税に相当)
課税対象商品であることを意味します。、
というのもイギリスの場合、原則として食料品はVAT非課税なのですが、
チョコレートなどは課税対象になることもあるためです。

商品名の下に** Truffles 2 save £2 **とありますが、
これは1番目と2番目の商品を
2個購入すれば2ポンドの値引きをする、という
計算を適用したことを示しています。
ちなみにTrufflesは、トリュフチョコレートのことです。

その後、合計金額が£22.07とありますが、
その下の支払い欄が£52.07になっているのにお気づきだと思います。
これはCONNECT DEBIT(バークレイズ銀行のデビットカードの名前)での
引き落とし金額の総額を表しています。

その下にCASHBACK 30.00とありますが、
これはレジでのカード支払いの際に、自分の預金口座から30ポンドを引き出して、
レジ担当者から現金でもらったことを示します。
よって、次の行にCHANGE(あつり)の表示が出るわけです。
このキャッシュバックについては別ネタを参照してください。

つまり、この買い物では22ポンド7ペンスの買い物と、
30ポンドの預金引出しを同時にレジで行なったので、
合計52ポンド7ペンスがデビットカードから引き落とされたことになります。
(デビットカード=キャッシュカード)

最後の行はVAT(付加価値税)課税内容です。
食品には課税されないことが多いこの税金も、
今回は贈答用チョコレートなどを買ったために、
しっかりと課税されていたのでした。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。