TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

イギリスの硬水はさまざまな影響あり!

◇評価 20ポイント
◇閲覧回数 8,921
◇登録日
2008年12月5日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ
    イギリスは場所にもよりますが、イングランドを中心に
    水道水がミネラル分の多い硬水になっていることが多く、
    広範囲に影響を与えています。

    過去ネタにも書きましたが、大きく影響を受けるのは衣類の洗濯です。
    硬水になればなるほど洗剤の効きが悪くなるため、
    洗剤の使用量も地域によって異なるほどです。
    このため、イギリスメーカーの洗剤の箱には地図が表示されていて、
    おおまかな水道水の硬度が分かるようになっています。
    さらに、洗剤を溶けやすくするために、
    洗濯機に水道水を加温する機能があるため、
    消費電力もその分増える計算になるのです!
    日本では考えられないことです。

    そして硬水は食生活にも影響を与えます。
    イギリス人が好む紅茶も例外でありません。
    このためイギリスの紅茶メーカーである
    Taylors of Harrogate(テイラーズ・オブ・ハロゲイト)社は、
    自社ブランドのヨークシャーティー(Yorkshire Tea)に、
    硬水用ブレンド(Hard Water Blend)を発売したほどです。

    またSeaviewの経験では、水道水でお米を炊いても、
    それほどおいしくなかった印象があります。
    さらに硬水では「だし」も出にくく、
    しかも微妙な風味を出すことが難しいのです。
    ボーンマスで八丁赤だし味噌を使って味噌汁をつくっても、
    どうも味がイマイチだった印象がありました。

    水の問題はイギリスでも常に意識されていて、
    簡易浄水器が広く市販されています。
    使用した効果がどれだけあるのかは不明ですが、
    それだけ市民の意識も高いことは間違いないでしょう。

    イギリスの料理の味付けが単純で、しかも大味になってしまうのは、
    この硬水の存在が影響しているような気がします。
    だしを生かせないという要因で繊細な味付けをするのがむずかしいことから、
    味に関してはどうしても鈍感になってしまっているのでは、とも考えられます。
    【このネタに対するあなたの評価は?】
    ☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
    【キーワード】

    ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

    【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。