TOP > 学問・研究 > 古代文明道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 古代文明道場

岩に突き刺さった聖剣は実在した!「トスカーナのエクスカリバー」

◇評価 31ポイント
◇閲覧回数 50,547
◇登録日
2008年7月28日
エイリアンぐれい
エイリアンぐれい
道場主

Lv.67

Check

前のネタへ
次のネタへ
イタリアはトスカーナ地方、シエナの聖ガルガーノ修道院に
「岩に突き刺さった聖剣」が実在する。

この「トスカーナのエクスカリバー」とも呼ばれる聖剣は、
伝承によれば1180年、ガルガーノ・グイドッティという騎士が、
剣を捨てて神に帰依しようとした時に、岩に突き立てたものであると
言われている。

また剣が突き立てられた場所はその後修道院が建ち、
現在では観光地として保護されているが、剣自体は当時のまま、
岩から柄の部分だけを残して、まるで十字架のような姿で突き立てられている。

「この剣は長年に渡って、後世の誰かが捏造した偽物であると言われ続けて
きました。しかし2001年に我々が行った調査によって事態は一変したんです。
剣の材質は現代の合金ではなく、本当に12世紀のものだった事が
明らかになったんです。」パピア大学の聖ガルガーノ・プロジェクト代表ルイジ・
ガラシェリ博士は語った。またその後地面のレーダー調査によって、
剣の下に長さ180cm、横90cm程の空洞がある事が明らかになった。

「空洞はおそらく、800年前にこの地に眠った聖ガルガーノの墓だと思います。」
ガラシェリ博士は語る。

伝説によれば、ガルガーノはある日、母の勧めで美しいフィアンセに会うように
説得された為、馬に乗ってその女性の元へと向かった。
しかしモンテ・シエペの丘(現在も剣が眠る場所)に差し掛かった時、
彼は突然馬から投げ出された。そして突然現れた大天使ミカエルのヴィジョンが
彼に剣を岩に突き刺すよう命じたのである。

しかし尊大なガルガーノは剣が岩に刺さるはずもないとして反発し、
剣が折れる事を承知で剣を岩に叩き付けた。
しかしその時、剣はまるでバターに刺さるように、岩の中に飲み込まれた
と伝えられている。そして神の力に畏怖した彼は剣を捨て、以後そのまま隠者と
なり、1181年に亡くなるまで、世を捨ててそこで暮らすこととなったと言われている。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る