TOP > スポーツ > Formula 1道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 Formula 1道場

「モナコマイスター」その1勝は3勝分の価値がある

◇評価 30ポイント
◇閲覧回数 15,216
◇登録日
2009年5月25日

Check

前のネタへ
次のネタへ
F1のモナコグランプリは「ル・マン24時間耐久レース」と「インディ500」と並んで、世界三大レースと呼ばれています。

ドライバーの技量を試されるモナコGPでの1勝は、他のグランプリでの3勝分の価値があると言われ、
モナコGPで特に強いドライバーを「モナコマイスター」と呼びます。

その筆頭に挙げられるのが5連勝を含む通算6勝のアイルトン・セナ。
次いで3連勝を含む通算5勝のグラハム・ヒル(デーモン・ヒルの父)、
同じく5勝のミハエル・シューマッハです。

錚々たる顔ぶれを見ればわかるとおり、やはり「モナコマイスター」とは
ワールドチャンピオンとは違った名誉ある称号といえるでしょう。

1992年モナコGP セナVSマンセルの大激闘!

最後のシャンパンファイトでは、あまりの疲労にマンセルが地面に座り込んでしまいます。

【モナコ勝利数一覧】
6勝
アイルトン・セナ(1987、1989、1990、1991、1992、1993)
1989年〜1993年までは5連勝!


5勝
グラハム・ヒル(1963、1964、1965、1968、1969)
ミハエル・シューマッハ(1994、1995、1997、1999、2001)


4勝
アラン・プロスト(1984、1985、1986、1988)

3勝
スターリング・モス(1956、1960、1961)
ジャッキー・スチュワート(1966、1971、1973)

2勝
ファン-マヌエル・ファンジオ(1950、1957)
モーリス・トランティニャン(1955、1958)
ニキ・ラウダ(1975、1976)
ジョディ・シェクター(1977、1979)
デビッド・クルサード(2000、2002)
フェルナンド・アロンソ(2006、2007)

〈モナコGP〉
初開催は1929年。モナコのモンテカルロ市街地で開催される伝統と
格式のあるグランプリ。コース幅が狭く、追い抜きが困難な上、
エスケープゾーンがないため、ドライバーの技量を試されるコースです。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。