TOP > スポーツ > Formula 1道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 Formula 1道場

FIAのお抱えサーキットデザイナー「ヘルマン・ティルケ」

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 11,430
◇登録日
2007年10月11日
ブルンディ
ブルンディ
道場主

Lv.280

Check

前のネタへ
次のネタへ
現在、一番旬なサーキットデザイナーといえば、「ヘルマン・ティルケ」。
F1カレンダーに載りたいなら、まず彼に頼めというくらいです。

ティルケは1954年ドイツ生まれ。
ツーリングカーのドライバーとして活躍した後、
1984年にティルケエンジニアリングを設立しています。
このドライバーとしての経験と技術スキルによって1990年代より、次々と設計契約を勝ち取るようになります。

2007年カレンダーには、彼のデザインしたコースが、
「バーレーン」「セパン」「イスタンブール」「上海」の4つ入っており、また「カタロニア」「富士」の改修にも携わっています。

以前インタビューで、サーキットの設計について考え方を語っています。
「優れたドライバーとそうでないドライバーの差がハッキリと出るのが良いサーキット」
「レースを面白くするためには、追い抜きを含めて”何か”が起きなくてはならない。」
「コースレイアウトを考えるとき、ドライバーがミスをしやすい部分を意図的に作ることを心がけている。」
「オーバーテイクを可能にするには長いストレートの後にハードブレーキングというのが定石だが、本当に大切なのはその長いストレートの前のコーナー。ここにミスを誘う”仕掛け”を作っておくと、前を走るドライバーがミスをすると後ろのドライバーがスリップストリームを使うチャンスが生まれる」

今後、モンツァサーキット、ニュルブルクリンク、そしてシルバーストンサーキットについても、改修を手がける予定となっています。

ただ、彼の作るサーキットは単調だという声も聞かれます。
今後はテクニカルエリアでもオーバーテイクができるようなコースを設計してくれることを期待し、より楽しいレースが見られるように応援したいものです。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。