TOP > レジャー・アウトドア > アウトドアを楽しむ道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 アウトドアを楽しむ道場

子供のころやっていた遊びで今もう一度やりたい遊びは?

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 10,679
◇登録日
2010年8月17日
--

Lv.

Check

前のネタへ
次のネタへ
夏休み。子供の頃は、毎日太陽が沈むまで外を駆け回っていました。いつまでも遊んでいられる、そう思っていました。大人になった今、あの頃本気で遊んでた遊びをもう一度やってみたい。そう思う事が多くなってきました。今回は、『子供の頃やっていた遊びで、今もう一度やりたいものは何ですか?』というアンケートを取ってみました。

1位『ドロケイ(ケイドロ)』
163票で1位になったのは、ドロケイ。ケイドロかドロケイかは、地域によって違うようです。他にも、タンテイ、やドロタンなど様々な呼び方があるようです。ルールも地方によって様々であり、始める前に全員でルールの確認が必要です。基本的には、逃げるチームと捕まえるチームに別れ、捕まえられた人は牢屋や刑務所と言った決められた場所に待機する。逃げている仲間が、捕まえられた人にタッチをすることによって捕まえられた人は脱出することが出来る、というゲームです。

2位『ドッジボール』
ドッジボールが2位となりました。『日本ドッジボール協会』があるくらい親しまれているスポーツです。2分したコートを陣地とし、ボールを敵にぶつけるゲーム。外野にいる人が敵にボールを当てたら復活することができたり、敵に当てた分だけ当たっても大丈夫な『残機システム』を採用している地方もあります。『炎の闘球児 ドッジ弾平』を読んでドッジボールにはまった方も多いのではないでしょうか。

3位『缶けり』
3位は缶けりです。アルミ缶ではなくスチール缶を使うのがデフォルト。缶の代わりに、ボールを使うことも多いです。かくれんぼの応用ともいえるゲームで、鬼は隠れた人を見つけたら、缶を踏んでその人の名前を呼ぶ。名前の後に「ケント」や「ポコペン」という場合もある。隠れている人は、鬼に見つけられる前に缶を蹴ることによって、ゲームは振り出しに戻る。記者の周りでは鬼が数を数えている間に鬼の後ろに立って、ゲームが始まった瞬間缶を蹴り飛ばす、という作戦が流行っていました。かくれんぼと違い、逃げる側も勝ちに挑めるところがこのゲームのオツなところ。

今、これらのゲームをもう1度やったら、様々な作戦が立てられそうです。携帯電話を使って連絡を取り合ったり、ローラー作戦で少しずつ調べていったり……。考えただけでワクワクします。昔の友達と集まって、公園などで本気でやったら楽しそうです。ただ、今は昔と違って無茶な事をすると怒られるだけじゃ済まない可能性があるので十分気をつけましょう。

『子供の頃やっていた遊びで、今もう一度やりたいものは何ですか?』
1位 ドロケイ(ケイドロ) 163票
2位 ドッジボール 145票
3位 缶けり 120票
4位 かくれんぼ 94票
5位 ない* 82票
6位 鬼ごっこ 81票
7位 お医者さんごっこ* 70票
8位 だるまさんがころんだ 66票
9位 ポコペン* 21票
10位 ろくむし 16票
11位 死体ごっこ* 12票
12位 石けり* 10票
13位 いんきょ* 8票
14位 花いちもんめ* 7票
15位 色鬼* 4票
16位 人形遊び* 4票
17位 おままごと* 3票
18位 けんけんぱ* 2票
その他 92票

*は追加された選択肢

ガジェット通信コピー・・・長くなりました、こめんなさい!僕は、ケイドロですかね〜ドロケイっていうところもあるのですか?初知りです!僕はまだ若いですが、けっこう懐かしいです!
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る