TOP > スポーツ > ポケットビリヤード道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ポケットビリヤード道場

フォーム(視線)

◇評価 55ポイント
◇閲覧回数 34,605
◇登録日
2010年6月18日
たいし
たいし
道場主

Lv.27

Check

前のネタへ
次のネタへ
レスト、スタンス、ストロークとネタを書いて来ましたが、今回は視線(顔の位置)についてです。

よく言われることのひとつにキューを顎の下にすると良いとか、利き目の下にキューを持ってくるようにすると良いというものがありますが、実はこれらは全て真っ直ぐに見るための傾向であり万人に共通するやり方という訳ではないと考えています。

目的は正しく手玉と狙い場所に対して顔の位置が正対しているかどうかということな訳です。見え方というのは人によって異なるものですので、ある程度の傾向はあるにせよ「これが正しい見え方」というものは人によって違うはずです。

では、どうやって正対しているかどうかを見分ければ良いでしょうか?

「手玉の真ん中を撞きなさい」よく言われることですが、逆に「どこが真ん中だか分かりません」という回答も良く聞く回答です。要するに真ん中がどこだか分からないのに正しく真っ直ぐに構えなさいと言っても無理な訳です。その原因は手玉が球であることに起因していると考えられます。

すなわち球はどこの面から見てもそのフォルムは円な訳です。横から見ても、上から見ても円形にしか見えません。慣れない状態で正対している真ん中を探すと言ってもそれは難しい作業です。

と、言うことで解決策です。

手玉がキューだからいけない訳です。だったら手玉の代わりになにか目標物を置いてみれば良いということになります。もっとも目標物として優れていると考えているのがルービックキューブです。そう、あの有名な立体パズルですね。以外に知られていませんが、手玉の直径とルービックキューブの高さはほぼ同じです。そして、各面に色が付いていますね。これも大事な点です。

写真だと分かり難いと思いますのでCGにしてみました。



仮に構えたときに上記のように見えたとしましょう。右側の面が少し見えていますね。逆に左側の面は全く見えていません。この状態では右側から覗き込んでいるということになります。すなわち正対していない訳です。

同様に…


これでは左側面が見えていますが、右側面は見えていません。すなわち左側から覗き込んでいるということになります。

正しくは・・・


このように左右ともに見えない(もしくは両方とも同じくらい見える)位置が正しく手玉に正対している位置ということになります。斜めから覗き込んでしまっていては距離感も狂いますし、狙う場所を錯覚しやすくなります。自分でどの位置ならがきちんと正対する場所なのかを把握して置くと正しい「真ん中の撞点」を捉えやすくなります。

そして、目線の高さですが人によって多少異なっていて良いと思います。メガネを掛けている方などはどうしても視線が高くなりますが、一定で見やすければ構わないと思います。

低く構えると先玉とポケットの関係がよく見えるので狙いやすくなりますが、テーブル全体を俯瞰することが出来ないので手玉を大きく動かしたりするときには向きません。

逆に高く構えると全体を俯瞰出来るので手玉のコースなどを把握するのには良いですが、狙い場所を錯覚しやすくもなります。

実際にポケットビリヤードではありませんが、手玉のコースを重視するキャロム系の選手は高いフォームが多く、ポケットすることが難しいスヌーカーの選手は低く構える傾向にあります。どちらでも構いませんが大事なことは自分の高さを見つけたら出来るだけその高さを維持することです。構えたら頭の位置は絶対に動かさない。くらいの気持ちでフォームを作ると良いと思います。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。