TOP > 学問・研究 > 風雲!ニッポン歴史道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 風雲!ニッポン歴史道場

坂本龍馬の愛用ピストル

◇評価 279ポイント
◇閲覧回数 56,221
◇登録日
2007年10月27日
うるとらわん
うるとらわん
道場主

Lv.63

Check

前のネタへ
次のネタへ
幕末の英雄坂本龍馬は、生涯でふたつの銃を手にしている。

ひとつ目の銃は、高杉晋作から上海みやげとして贈られ、
のちに自らの命を救うことになる「スミス&ウエッソン社製・第2型アーミー」と
呼ばれる32口径の6連式ピストル(写真上)である。

龍馬は、この全長25cmのピストルを肌身離さず持ち歩き、
寺田屋事件では、実際に使用して難を逃れたが、逃走中に紛失してしまう。

次に手にした銃は、薩摩藩から妻おりょうと龍馬にそれぞれ贈られたといわれる
「スミス&ウエッソン社製・第1型1/2ファースト・イッシュー」と呼ばれる
22口径の5連式ピストル(写真下)。

龍馬は、姉・乙女への手紙の中で、最初のものに比べて、
かなり小ぶりである全長17cmのこの銃のことを
「懐剣より小さいが、50間(約90m)離れていても人を撃ち殺すことができる」
と述べている。

このピストルは近江屋で龍馬が暗殺された際、
引き金をひかれることなく、その遺体のそばに転がっていたという。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。