TOP > 学問・研究 > 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場

虫歯や歯周病の原因となるのはプラークと呼ばれる細菌の塊です。

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 101
◇登録日
2019年7月16日

Check

前のネタへ
次のネタへ

予防歯科とは、虫歯や歯周病を未然に防いで、歯や口を健康に保つ治療のことです。
なるべく歯を削らない、抜かないで済むように、日頃からご来院頂くことにより、歯の健康を保ちます。
虫歯や歯周病は、早産のリスクが高くなると言われています。妊婦さんやこれから赤ちゃんを考えられている方は、ぜひご利用ください。
口臭が気になるという方にもオススメです。<o:p></o:p>

歯科ハンドピース

セルフケアとプロフェッショナルケア<o:p></o:p>

歯を守るためには、ご自身で行う毎日のセルフケアと、セルフケアでは行き届かない部分を歯科医院などで行うプロフェッショナルケアの両方を行い予防歯科を実践することが大切です。<o:p></o:p>

ホームケア<o:p></o:p>

虫歯や歯周病の原因となるのはプラークと呼ばれる細菌の塊です。
プラークを取り除いたり、付きにくくすることをプラークコントロールといいます。プラークコントロールをしっかりと行えば虫歯や歯周病の予防をすることができます。<o:p></o:p>

歯磨き<o:p></o:p>

プラークコントロールの基本中の基本です。
毎日の歯磨きや歯間ブラシ、デンタルフロスなどで汚れをしっかりと落とせるようにしていきましょう。<o:p></o:p>

フッ素入り歯磨き粉・洗口剤の利用<o:p></o:p>

酸の産生を抑制したり資質強化に効果があったりと、フッ素は虫歯の予防関するさまざまな働きをします。また、フッ素配合の歯磨き粉を継続的に利用することで予防率もアップします。
特に、歯磨きの後に口の中に残ったフッ素が虫歯予防に効果的に働くので、フッ素を長く留める歯磨き粉がオススメです。<o:p></o:p>

歯科用ライト

規則正しい食生活<o:p></o:p>

虫歯を予防するためには虫歯の原因菌が作る酸が口の中に留まっている時間を減らすことが大切です。その為過度な間食を避け、バランスの良い食生活を送ることが虫歯や歯周病予防の第一歩となります。以上の項目などから自分に合った方法でプラークコントロールをし、健康な歯を守りましょう。<o:p></o:p>

プロフェッショナルケア<o:p></o:p>

すみずみまで歯を磨いているつもりでも歯ブラシの届きにくい場所に汚れが溜まっていることがあります。
歯科医院などで行うプロフェッショナルケアでは、そうした歯ブラシではとれない汚れを落としていきます。
こうした専用の機器を使用して歯ブラシでは落としきれない歯垢や歯にこびりついた歯石などの除去はお口の状態に合わせて16ヶ月毎に行うことで健康な歯を保つことができます。 また、汚れの除去だけではなく、お客様の歯の状態を見せて頂き、それぞれに合ったブラッシング方法をご指導いたします。
お口を健康な状態に保つためにもご家庭でのセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアを行っていきましょう。<o:p></o:p>

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る