TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

欧州旅日記4 大雪のロンドンから脱出

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 7,182
◇登録日
2009年2月3日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ
既に【速報】でもお知らせしましたが、
2月2日のロンドンは18年ぶりの大雪に見舞われました。
市内のバスは全面運休という異例の事態となり、
ヒースロー空港など多くの空港が一時閉鎖され、
鉄道のダイヤは大混乱となり、大幅な間引き運転になりました。

そんな中、Seaviewはこの日に新規取引見込みの旅行会社と
打ち合わせの約束があり、ロンドン郊外のヒースローのホテルから、
会社の本社があるブリストルまで行く必要がありました。
しかし、この大混乱の中では下手をすると
立ち往生してしまう危険性があります。

そこで、まず確認したのが鉄道会社の公式ウェブサイトです。
ロンドンからブリストル方面はファーストグレイトウェスタン鉄道が
運行していますが、この会社のサイトでは大幅な間引き運転ながら
何とか運行している様子だったので、
雪がやんだこともあって出発を決意しました。

午前10時半過ぎにホテルを出発し、ショーファーカー(ハイヤー)で、
ヒースローから少し離れた比較的大きな駅である
スロー(Slough)駅まで25ポンド払って移動しました。
雪は道路上は一応除雪されていたのと、
交通量が少なかったため、スムーズに行けました。
午前11時にはスロー駅に到着しました。

しかし、スロー駅ではなかなか列車が来ませんでした。
列車の運行案内も、すべての列車の到着予定時刻が
時間の経過につれてどんどん遅くなっていく状況です。
ようやく列車に乗れたのは、駅の売店で注文した
コーヒーを飲みながら1時間も待たされた正午過ぎのことでした。

とりあえず大規模な乗換駅のレディング(Reading)駅に着きました。
ここで特急列車に乗換ですが、幸いにも目的地に向かう
ブリストル・テンプルミーズ(Bristol Temple Meads)駅行きが
数分後に来たので、これに乗りました。
乗客はまばらでしたが、ビジネスマンの姿が目立ちました。

途中ホンダやミニの工場があるスウィンドン(Swindon)駅や
世界遺産として知られる温泉地バース・スパ(Bath Spa)駅などに停まりながら、
午後2時に目的地のブリストルに無事到着しました。
ここも雪が降っていましたが、道路上は溶けていました。

一度はキャンセルした旅行会社との約束も、
電話して午後3時に再度アポイントメントをとり、
商談は無事に終わり一定の成果を得ることができました。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。