TOP > 学問・研究 > おさかな専門道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 おさかな専門道場

金魚の卵 〜 金魚が卵を生んだときの対処法 〜

◇評価 779ポイント
◇閲覧回数 778,346
◇登録日
2011年10月10日

Check

前のネタへ
次のネタへ

金魚が卵を生んだときの対処法についてです。

飼っている金魚さんが突然卵を生んでしまったら、まず最初にどうすればよいのか、
有精卵と無精卵の見分け方や、金魚の卵の孵化・育て方についての詳細です。



我が家の金魚さんが生んだ卵です。
まるで数の子をばらしたようなつぶつぶ!!

1匹ずつ分けて飼ってたので無精卵なんですが、発見したときは相当焦りました(汗)

今度卵を生んだときに備えて、いろいろと調べてみたのでご覧ください。





卵が孵化するまでの日数

卵の孵化の日数は、水温によって大きく変わってくるそうです。
水温が20℃前後の春先だと、だいたい5〜7日ほどかかるようですが、水温が高い夏だと、
たった2日足らずで孵化することもあるそうです。すぐ生まれるので注意が必要です。

有精卵と無精卵の見分け方

金魚の卵が有精卵だったときは、2〜3日で黒い点(目)が現れ数日ですぐに孵化しますが、
白い卵は、残念ながら無精卵です。孵化することはないので、早めに取りのぞきましょう。
無精卵はほんの1日〜2日ほどで白濁し、カビが生えモヤモヤになるのですぐ分かります。
(そのまま放置すると、発生したカビによって稚魚が病気になってしまうため要注意です。)

では、金魚の卵を見つけたときはどうすればよいのかという対処法です。


1、すぐに金魚と卵を別々に
そのままにしておくと、親の金魚が卵を食べてしまうため、すぐに卵と金魚さんを別々にします。
金魚の卵はとてもデリケート。触るときは素手ではなく、必ずスポイトでやさしく吸ってください。

水草など、移動できる場所に卵が産んであればラッキーです♪そのまま水草ごと移動させます。
水槽の壁面など移動できない場所にびっしり産んであるときは、卵を移動することができません。
そういう場合は、卵はそのままにして親の金魚さんたちを別の水槽に移す方法をとります!!
稚魚が孵化したあと、スポイトを使って大きい水槽から小さい容器に稚魚を移動させましょう。

親の金魚さんが卵を食べてしまうと、食べ過ぎで死んでしまうこともあるので注意が必要です。
卵を産んでいたら、念のため2日ほど金魚さんに餌をあげないで様子をみてあげてください。

2、ろ過装置を止める
水中にある卵や稚魚を吸い込んでしまうため、すぐに濾過フィルターを止めます。
卵や稚魚が吸い込まれないようになっている「稚魚専用タイプ」のろ過器を使うと便利です。

ろ過器のタイプによっては、稚魚吸込防止のスポンジフィルターをポンプの先につける
だけでOKなものもあるので一度調べてみるとよいものが見つかるかもしれません。

3、必要なものを準備する
金魚の稚魚は早ければ3日、遅くて5日ほどで孵化してしまうので、すぐ準備します。
特に夏のような暑い時期は、2日ほどで孵化してしまうので時間はほとんどありません。
必要なものは、以下をご覧ください。ブラインシュリンプや稚魚用フィルターなどは、
大きなショップや熱帯魚店でないと手に入らないことが多いので、通販が安心で早いです。
 

卵・稚魚の飼育で必要なもの

・稚魚飼育用の容器 
稚魚はとても小さいので、餌やりなどのお世話をするにも小さめの軽いものが便利です。
プラスチックの虫かごなどで世話をして、大きくなったら徐々にお引越ししていきます。

・スポイト(ピペット)
卵や稚魚を移動させるとき、餌を与えるとき、水換えや掃除をするとき必ず必要です〜!!
透明のタイプのほうが、卵や稚魚、ゴミなどをすくうときしっかり見えるので使いやすいです。
100均などで安く買えます〜♪(何本かストックがあると便利です。)

・ヒーターと温度計
金魚の卵と稚魚はとても寒さに弱く、常に25℃くらいの水温を保たないと死んでしまいます。
秋〜春の寒い時期に孵化させるようなときは、必ず金魚用のヒーターが必要です。
プラケースや小さい容器で育てるときは、水温26℃キープの「ミニヒーター」が便利です。

・ブラインシュリンプ(餌)
金魚の稚魚は、普通の餌は食べられないので専用の「ブラインシュリンプ」を買います。
「ブラインシュリンプ」とは、シーモンキーというえびの仲間の赤ちゃん(幼生)のことです。
熱帯魚・海水魚の稚魚の餌にも使われていますが、金魚の稚魚の餌にも使います。
卵からかえったシュリンプをスポイトでとって、毎日少しづつ金魚さんに与えていきます。
ブラインシュリンプは、水温24℃で約一日で孵化する性質があります。
最近は、ブラインシュリンプを孵化させる孵化器(ハッチャー24)というものがあるので便利です。
孵化器に卵を入れて、一日おくだけでブラインシュリンプを簡単に孵化させることができます。

・稚魚用フィルター
水槽など、大き目の容器で稚魚を育てるときは「稚魚用フィルター」を使うと便利です。
普通のフィルターだと、稚魚が吸い込まれてしまうため使うことができません。
フィルターを使わない場合は、スポイトでゴミやお水を吸い取って掃除・水換えします。


以上が、卵と稚魚の飼育に必要なものの一覧です。

稚魚の飼育用品は、大きい熱帯魚屋さんかペットショップ、通販などで購入できます。
早めに用意して、稚魚をしっかり育てましょう〜!!


Amazon.co.jp  〜 金魚 稚魚飼育グッズ 通販はこちら!! 〜


金魚の飼い方・育て方
いますぐ飼いたい!
人気の金魚32種96点
¥1,029(税込)
テトラ 26℃ミニヒーター
50W(安全カバー付)
¥2,079→¥1,040
【50%OFF】
ニチドウ ブライン
シュリンプ 20g
¥1,575→¥827
【47%OFF】
ブラインシュリンプ孵化器
ニチドウ ハッチャー24
¥2,000→¥1,225
【39%OFF】

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る