TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

ケヅメリクガメの飼育 〜飼育の基本・病気・餌について〜

◇評価 104ポイント
◇閲覧回数 83,197
◇登録日
2011年6月1日

Check

前のネタへ
次のネタへ
カメ図鑑 ケヅメリクガメ

学名 Geochelone sulcata
英名 African spurred tortoise
生息地 アフリカ(サハラ砂漠周辺)
大きさ 約70cm(最大甲長83cm)
食性 草食性

最近、リクガメの中でも特に大人気の、ケヅメリクガメの魅力に迫ります。飼い方、飼育環境、生態や性格などをご紹介していきます。


●ケヅメリクガメの生態


アフリカのサハラ砂漠や、その周辺のサバンナなどに生息している大型リクガメ。
リクガメの中では、ゾウガメの仲間たちに次いで世界で3番目の大きさを誇るリクガメです。

日中は日差しが強く高温、夜間は気温がマイナスになる、過酷な場所に生息しているため、
野生下では明け方と夕方のみ活動しており、昼間と夜間は穴を掘ってその中で休みます。
草食で、おもに多肉植物・その他の植物・草の芽・果実などを食べていますが水がほとんど
ない場所に生息しているため、おもに食べ物や代謝で水分をとります。

名前の由来は、おしり(腹甲付近の尾の両側)に蹴爪のような突起がついていることから。
亜種はありませんが、生息域が広いため地域によって体の特徴が少し違う場合もあります。
(ガーナ産のものは背甲がゴツゴツしており、モロッコ産のものは甲羅が比較的滑らか。)

寿命はとても長く、30年以上。上手に飼育すると50〜100年近く生きる可能性もあります。



●ケヅメリクガメの飼育

大型でとても成長が早く、最終的に大きさは70cmほど・体重60kgほどまで成長します。
ショップで販売されているベビーはとても小さくカワイイですが、飼い始めて数年後には
お部屋1つ分ほどの広いスペースが必要になってきます。


ケージ・・・小さいうちは60〜90cm水槽。成長とともに小屋や専用のお部屋を。

ベビーや幼体は、60〜90cm水槽が目安。成長とともに大きいケージや部屋に引越します。
寒い時期は、専用のカメ部屋(小屋)や温室など。あたたかい時期は、野外飼育も可能です。


温度
・・・昼と夜で少し温度差をつける。乾燥した通気性のよい環境を好みます。

適温
・・・昼間 22〜30℃/夜間 18〜20℃前後 (昼夜で少し温度差をつけます。)
湿度・・・30〜60%前後。(乾燥を好むので、通気性をよくしてジメジメさせないよう注意。)


ライト
・・・紫外線ライトは砂漠用のもの。明るい保温球やメタハラもおすすめ。

砂漠の強い紫外線と光を必要とするため、紫外線ライトは砂漠用(度数10.0)を使います。
保温球も明るめの光のタイプがおすすめです。小屋などで飼育しているときはメタハラを。


床材
・・・ケージ(水槽)で飼育しているときは床材が必要。野外飼育はスノコなど。

サバンナなどの砂漠地帯に生息しているので、デザートブレンドなどの乾燥タイプの床材に。
小屋や野外飼育の場合は、スノコなどを使ったり、汚れた部分のみを掃除したり、それぞれ。


・・・低カロリーの餌でゆっくり育てる。カルシウムやミネラルが大量に必要!!

カルシウムの多い葉野菜を中心にほかの野菜やフルーツなどを混ぜて与えていきますが、
甲羅の成長に必要なカルシウムやミネラルを大量に必要とするので、積極的に補います。

砂漠やサバンナに生息しているケヅメさんにとって、私たちが食べている野菜は高カロリー。
野菜やフルーツは栄養価が高いことと、本当によく食べるので急激に成長していきます。
そのため、体の成長と甲羅の維持には大量のカルシウムと紫外線が必要になってきます。

ある程度まで成長したら、繊維質が多く低カロリーな野草中心のメニューにするとよいです。
(おもに、イネ科の植物・その他の野草・ウチワサボテンのような多肉植物がおすすめです。)



●ケヅメリクガメの病気

たんぱく質の多い餌を与えると、甲羅がボコボコになったり歪んだりしやすくなるので注意。
成長が早く、体の成長するスピードに甲羅の成長が追いつかないと甲羅が歪んでしまうので、
高タンパクなものは避け、野草などの低カロリーの餌でゆっくり育てるのがポイントです!!

ほかのリクガメさんと比べると、ケヅメリクガメは尿路結石ができやすい傾向があります。
高タンパクで栄養価の高い餌を与えていたり、水分不足になると、老廃物がおしっこと
一緒に排出できないためそのまま石になってしまいます。

乾燥に強いイメージがありますが、ちゃんとお水を飲むので常に新鮮なお水を用意します。
大きめで安定した水入れのほか、水分の多い野菜やフルーツを与えることも効果的です。



大きい分だけ飼育に踏み切るのは大変ですが、魅力たっぷりなリクガメさんだと思います。
ステキなカメライフを〜〜♪♪♪(≧▽≦) マニアーナ!まゆみんでした。

解説者  まにあ道イメージガール マニアーナ!まゆみん
マニアーナ!公式ブログ :http://ameblo.jp/maniana-mayumin/
マニアーナ!公式Twitterhttp://twitter.com/maniana_mayumin



Amazon.co.jp   〜 リクガメ飼育グッズ 通販はこちら!! 〜

リクガメ大百科
(図鑑・飼育・病気etc.)
¥1,980(税込)
爬虫類用保温球
カミハタ ネオハロゲン
¥3,150→¥2,650
【15%OFF】
GEX 爬虫類サーモ
(照明用タイマー付)
¥13,440→¥5,752
【57%OFF】
GEX レプタイル
UVB150 26W
¥3,108→¥2,192
【30%OFF】
デザートブレンド
クラシック 4.4kg
¥2,625→¥1,780
【30%OFF】

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。