TOP > レジャー・アウトドア > 登山道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 登山道場

映画「127時間」腕を切り落として生還したクライマーの物語

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 22,667
◇登録日
2011年7月6日

Check

前のネタへ
次のネタへ

自らの腕を切り落として生還した登山家アーロン・ラルストン氏の実話を
題材にした「127時間」という映画が公開されています。
アカデミー賞では、6部門にノミネートされました。

彼は、2003年5月にアメリカ・ユタ州の渓谷で事故に遭い、
岩に挟まれた右腕をナイフで切断することにより脱出しました。
この事故を自伝とした小説「奇跡の6日間」がこのほど映画化されたというわけです。

アメリカでは、映画内の右腕切断シーンがリアルすぎて、気を失う観客が出たそうです。


当時彼は、旅の計画を誰にも伝えていなかったそうです。
そのため、彼がどこに行ったのか知る人はいなかったのですが、
こういう話を聞くと、登山とクライミングを舐めるといかんなと
あらためて身の引き締まる思いになります。

登山はレジャーではありません。過酷なスポーツです。
特に単独登山は危険度が増すので、しっかり計画書を作って家族や
知人に渡しておいた方が良さそうですね。


↓実際のアーロン・ラルストン氏。事故後も登山を続けています。

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る