TOP > 学問・研究 > 大人の豆知識道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 大人の豆知識道場

1550nm 2.64kHz 狭線幅レーザー PM ファイバー出力

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 119
◇登録日
2024年2月27日
laser211
laser211

Lv.14

Check

前のネタへ
次のネタへ

単一周波数狭線幅ファイバーレーザーは、希土類ドープファイバーDFBレーザーキャビティ構造を採用し、波長1550nmの出力単一縦モードレーザー、スペクトル線幅は3kHz未満、出力スペクトルサイドモード抑制比は60dBを超え、モジュールまたはデスクトップパッケージを提供できます。 分散型 センシングなどの用途に最適なレーザー光源。


ビデオでデモしているのは、1550nm 200mW 2.64kHz の狭線幅ファイバー レーザーです。
レーザー出力パワーはボタンで調整でき、調整範囲は10%〜100%、調整精度は1mWです。 動作温度は微調整でき、レーザー波長に影響を与える可能性があります。 調整精度は0.01℃です。 レーザーはソフトウェアを通じて制御することもでき、レーザーのインターフェイスは RS2023 です。


出力光ファイバーはSM/PMで利用可能ですが、ここではPM光ファイバーです。 また、レーザーに固定されており、差し込むことはできません。 光ファイバーインターフェースと長さはカスタマイズ可能です。
1550nm狭線幅レーザーのパラメータ表。 このレーザーの線幅は 2.64kHz です。




スペクトルチャートとパワー安定性テストチャート。




線幅テストレポート。




動作温度は微調整でき、レーザー波長に影響を与える可能性があります。



【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。