TOP > 学問・研究 > 大人の豆知識道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 大人の豆知識道場

虫歯や歯周病に一番の対策はその予防です

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 91
◇登録日
2019年11月14日

Check

前のネタへ
次のネタへ

虫歯や歯周病に一番の対策はその予防です。毎日のセルフケアに加えて、定期的に検査を受けたり、クリーニングを行うことで虫歯になってしまったり、歯周病を進行させるリスクが格段に減少します。歯垢(プラーク)は適切なブラッシングにより取り除けますが、歯石という状態になると、歯ブラシでは除去できないため、歯科医院で適切なクリーニングを受けることをおすすめします。<o:p></o:p>

歯科 スケーラー

まずは検査を行います<o:p></o:p>

1. 口腔内写真の撮影<o:p></o:p>

お口の中の写真を何枚かに分けて撮影することで、術前の状態を記録します。<o:p></o:p>

2. レントゲン写真の撮影<o:p></o:p>

1つ1つの歯を細かく観察できるように、数枚に分けてレントゲンの撮影をおこないます。<o:p></o:p>

3. 歯周ポケット測定<o:p></o:p>

歯と歯茎の間には歯周ポケットという溝があります。ここの深さによって、歯茎の状態を知ることができますので、1つの歯につき数か所にわけて溝の深さを測定していきます。<o:p></o:p>

4. クリーニングプランのご提案<o:p></o:p>

検査の結果を踏まえて、患者様にあったクリーニングのプランを提案いたします。<o:p></o:p>

歯のクリーニング内容<o:p></o:p>

1. プラークチェック<o:p></o:p>

磨き残し=プラークを染めだす液を歯に塗り、どれくらい磨き残しがあるかをチェックします。<o:p></o:p>

2. ブラッシング指導<o:p></o:p>

どんなに歯科医院できれいにクリーニングしても、毎日のケアが不十分だと、すぐに同じ状態に戻ってしまいます。歯ブラシの選び方や動かし方など、患者様に合った方法をご説明いたします。<o:p></o:p>

歯科用コンプレッサー

3. プラーク・歯石を取り除く<o:p></o:p>

プラークは患者様自身によるセルフケアで取り除くことができます。歯石が歯についていると細菌に繁殖の場を与えてしまうため、きれに取り除いて歯が本来持つツルツルな面を出してあげるのが大切です。歯石は歯ブラシでは除去できないため、器具を用いて歯科医師・歯科衛生士がクリーニングを行います。<o:p></o:p>

4. ペーストにより細かくクリーニング<o:p></o:p>

歯の表面を専用のペーストできれいに磨き上げていきます。食事をしたらすぐに汚れが赤く腫れた歯ぐき健康な歯ぐきついてしまうと思われるかもしれませんが、つるつるになった歯の表面はより汚れがつきにくくなるという報告もあります。<o:p></o:p>

5. フロス、歯間ブラシで整える<o:p></o:p>

歯と歯の間など、ブラシなどでは届かない部位もきれいに仕上げをしていきます。特にデンタルフロスは毎日のケアに取り入れることを強くおすすめします。<o:p></o:p>

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。