TOP > 学問・研究 > 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場

歯ぎしりとは、上あごと下あご歯を合わせてグッと強い力を加えることです

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 96
◇登録日
2019年10月11日

Check

前のネタへ
次のネタへ

自分では気が付きにくい歯ぎしり。寝ている間に起こることが多いのですが、無意識のうちに歯やあごに負担をかけてしまっています。歯ぎしりによる歯やあごへの負担を軽減するために用いられるのが、マウスピースです。このマウスピース、歯ぎしりのためだけではなく、他にも様々な効果が期待できます。こちらでは、歯ぎしりについてと、マウスピースの効果についてをご説明します。<o:p></o:p>

歯科器具

歯ぎしりをすると良くないのはなぜ?<o:p></o:p>

歯ぎしりとは、上あごと下あご歯を合わせてグッと強い力を加えることです。あごを左右に動かしてギシギシといわせる「グラインディング」がよく知られていますが、実は歯ぎしりの種類は3種類あり、歯を食いしばる「クレンチング」、何かを噛むような動きをして歯をカチカチと鳴らす「グラインディング」も歯ぎしりの症状に入ります。
歯ぎしりをすると良くない理由は、歯やあごに相当強い力が加わってしまうことにあります。歯に強い力が加えたり、ギシギシと歯に摩擦をかけたりすることによて、歯自体が削れてしまったり、割れてしまうこともあります。他にも、治療済の歯の被せものが壊れる、あごの負担がおおきいため、顎関節症が悪化するなども考えられます。さらに、歯やあご以外にも、強い力を加えることで筋肉が緊張し、頭痛や肩こり、目の奥の痛みを引き起こす原因にもなるのです。<o:p></o:p>

歯ぎしりが起こる原因は?<o:p></o:p>

ストレス
歯ぎしりが起こる最も大きな原因といわれているのは、ストレスです。環境の変化で不慣れなことが続いたり、日々の疲れなどが溜まると、そのストレスを解消しようと歯ぎしりを起こします。特に、ストレス発散として、睡眠中に無意識に行っていることが多いです。
<o:p></o:p>

歯並びやかみ合わせの変化
かみ合わせは、成長や老化、歯科医院での治療、歯周病などの病気などによって、常に変化するものです。かみ合わせの自然的な変化自体は、身体にとって必要なことですから、あまり心配する必要はないのですが、虫歯を治療せず放っておいて歯が欠けてしまったり、歯周病で歯の位置がずれてきたりすると、かみ合わせを調節しようとして歯ぎしりが強くなってしまいます。歯科ハンドピース滅菌<o:p></o:p>

あごの変化
成長とともにあごの関節がすり減り、あごのかたちは変化していきます。歯の形もそれに合わせて変えなければならないため、歯を削ろうと歯ぎしりを起こします。こちらも自然な変化は問題ありませんが、急激な変化による歯ぎしりには注意が必要です。<o:p></o:p>

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る