TOP > 学問・研究 > 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場

ブリッジは歯を失くした時の治療選択肢の一つです。

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 131
◇登録日
2019年7月18日

Check

前のネタへ
次のネタへ

ブリッジ・インプラント:<o:p></o:p>

ブリッジが可能なのは歯を失った場所などにもよりますが、一般的には歯を失った本数が隣り合って連続して2本程度までです。 それ以上連続して失った場合は、ブリッジを支える歯の負担が大きくなりすぎるため入れ歯が一般的です。
<o:p></o:p>

しかし日常の不便さなど先にお話ししたような入れ歯への不満があるのも事実です。その不満を解決する方法が、インプラントを利用したブリッジです。連続2本を超える歯がない場所の両隣の歯同士の距離が長すぎるため天然の歯でのブリッジが無理になるのですから、歯のない場所にインプラントを2本離して入れてその2本のインプラントを支えとするブリッジにすればインプラント同士の距離は短くなりブリッジが可能になります。
写真の歯を連続して3本失った模型の金属部分がインプラントです。その上に3本の人工歯がつながったブリッジが入っています。ご説明のためにあごの骨は透明になっています。 この方法なら入れ歯の不満を感じることなく、自分の歯と同じように硬い物でも何でも噛むことができ、入れ歯の異物感もなく自分の歯と同じような口の中の状態に戻すことができます。
ハンドピース 歯科
ブリッジは歯を失くした時の治療選択肢の一つです。
ブリッジは手段の一つであって目的ではないと思います。
何不自由なく楽しい食生活を自由に送ることが目的ではないでしょうか。
その目的を達成するには何が最もふさわしいかでご判断いただけるように私たちが道案内をさせていただきます。
これまで歯を失くした時の選択肢をいくつかお話ししてきましたが、歯を失った場合の注意点などもっと詳しくお知りになられたい方は「歯を失ったら」をご覧ください。<o:p></o:p>

ブリッジにするメリットとは<o:p></o:p>

ブリッジは義歯を固定するやり方をとっているので、装着による違和感が少ないのが特徴です。素材の種類によりますが、金属のバネがないタイプを選ぶことができるので見た目を自然にしたい人にも適しています。
また、材料などの条件によっては保険診療内で治療を受けることができます。<o:p></o:p>

歯科ハンドピース滅菌

ブリッジのデメリットとは<o:p></o:p>

ブリッジをかけるときに、両隣の歯を削る必要があります。義歯を支える役割を果たすため、負担もかかってしまいます。もともと健康な歯であってもブリッジをつけることにより寿命が縮まる可能性があるのです。人によってはブリッジをつけたことで空気がもれてしまい、治療前に比べて発音しにくくなることもあります。さらに、歯の抜けた部分の骨が衰えていきやすいのもブリッジのデメリットとしてあげられます。<o:p></o:p>

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る