TOP > アニメ・漫画 > 韓国のTVドラマ紹介道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 韓国のTVドラマ紹介道場

ヨ・ジング主演の超大作「王になった男」6月日本初放送

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 411
◇登録日
2019年4月19日
esjeen
esjeen
道場主

Lv.20

Check

前のネタへ
次のネタへ
ヨ・ジング主演の超大作「王になった男」(原題)が、6月よりKNTVにて日本初放送されることが決定した。また、放送を記念して関連番組の数々もお届けする。

王になった男 韓国ドラマ DVD」はイ・ビョンホン主演で、日本で2013年に公開された大ヒット映画のドラマ化。王と同じ顔をした道化師が王の替え玉となったことから予想もしなかった壮大な物語が幕を開ける。

主演を務めるのは時代劇の申し子、ヨ・ジング。すっかり男らしく、さらに凛々しくなったヨ・ジングが魅せる。正義感が強い道化師のハソンを茶目っ気たっぷりに演じたかと思いきや、狂気の王イ・ホン役ではこれまでにない危うい色気も垣間見せ、正反対の二役を熱演。幼い頃から培った確かな演技力に、共演者も絶賛の素晴らしい声で見るものを惹きつける。イ・セヨン演じる王妃との、映画版では描かれなかった禁断のロマンスにも注目。美しい映像、壮大な音楽が織り成す本格時代劇をお見逃しなく!僕たちの復讐ノート DVD

4日、韓国で放送されたケーブルチャンネルtvN月火ドラマ「王になった男」(脚本:キム・ソンドク、演出:キム・ヒウォン)最終回では、都承旨(トスンジ:朝鮮時代の承政院の長官)イ・ギュ(キム・サンギョン)の壮絶な死と、王になったハソン(ヨ・ジング)の最後の姿が描かれた。死んでもいい DVD

イ・ギュは罪人の身分で王ハソン(ヨ・ジング)の前に立ち、晉平君(チンピョングン・イ・ムセン)をナイフで刺した。イ・ギュの後には晉平君を守る人々がイ・ギュに剣を振りかざした。イ・ギュは「所信の約束を守れず、申し訳ない。閣下を守らなければならないのに」と血を吐いた。

続いてイ・ギュは、「私が死んだら遺体を城壁の外に出してください。殿下が正しい判断で罪人として断罪されたことを見て怒った民の心を癒してください」と遺言を残して死んだ。ハソンは、自分自身を王の座にのし上げようとしたイ・ギュの死に嗚咽した。

大妃(チャン・ヨンナム)は左議政(朝鮮王朝議政府の正一品の官職)シン・チス(クォン・ヘヒョ)に「今夜、その道化師を王座から引きずり下ろせ」と命じた。シン・チスはその夜にハソンを殺す計画を立てたが、最終的には袋の中のネズミになり、シン・チスは「大妃の首を持ってくる」とし、命だけは助けてくれるよう懇願した。しかし、ハソンは「容赦はない。イ・ギュを殺した罪の代価は、ただ死だけだ」と彼を殺した。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る