TOP > 学問・研究 > 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場

歯を支える骨や歯茎が病気になっていくことを歯周病といいます。

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 367
◇登録日
2018年1月31日

Check

前のネタへ
次のネタへ

具体的には歯茎が炎症を起こして腫れてしまったり、出血することを歯肉炎、それがさらに悪化し、歯を支える骨が溶けた状態になると歯周炎といいます。支える歯が溶けてしまうと歯はぐらぐらしだして、根の先まで溶け切ってしまうと歯は自然に抜けてしまいます。歯周病は初期段階では自覚症状が少ないため、気づくと手遅れだと言う場合が多々あります。<o:p></o:p>

超音波スケーラー

歯周病を撃退!自分でできる予防法と対策<o:p></o:p>

ここまでの説明で、ひょっとしたら歯周病かもしれないと感じた方もいらっしゃるかもしれません。歯周病の可能性がある場合、どのような対策をすれば良いのでしょうか?2つのポイントをご紹介します。

1. 正しくブラッシングする
正しい歯磨きを行うと口腔内の8割〜9割の菌をなくすことができると言われています。柔らかめのブラシを使い、歯と歯茎の境目を丁寧に磨くことを心がけましょう。また、歯と歯の間の隙間にはデンタルフロスを使用して、歯ブラシでは落としきれない汚れをとることも有効です。

2. 歯科を受診する
歯周病初期は症状が軽い為、気づかぬうちに進行していたなんてことも。歯科を受診すれば歯石や歯垢を除去してもらえますし、正しい歯磨き指導を受けることもできます。歯周病レベルがかなり進行している場合は、外科的処置などで素早く対応してもらえます。<o:p></o:p>

生体情報モニター

自分でできる歯周病予防法<o:p></o:p>

歯周病かもしれないと感じたときの対策についてご説明しました。一般的に、歯周病は完治が難しいと言われているので、歯周病にならないよう日ごろから意識して予防法を実践することをおすすめします。

【歯周病予防法1】プラークコントロールを行う
歯科を受診すると、正しいブラッシング方法を教えてもらうことができます。歯ブラシにプラスしてデンタルフロスを使うなど、しっかりとしたプラークコントロールを行うことが歯周病予防の基本です。

【歯周病予防法2】定期的に歯科を受診する
歯の痛みや、歯の違和感から歯科を受診するという人も少なくありませんが、予防の観点から定期的に歯科を受診することをおすすめします。30代を越えると、年齢とともに歯周病になる割合が増えると言われています。3ヶ月〜半年に1回は検診を受けましょう。

【歯周病予防法3】生活習慣を改善する
生活習慣によって歯周病にかかりやすくなることがあります。例えば喫煙は、タールが歯に付着することで歯垢が付きやすくなり、歯周病の原因となります。その他にもダラダラ食べ、早食いなどは健康的な口腔環境のためにぜひ改善しましょう。<o:p></o:p>

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る