TOP > ライフ > 健康オタク道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 健康オタク道場

かぜをひいてしまったら…?

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 3,114
◇登録日
2018年1月29日
Vincent
Vincent

Lv.8

Check

前のネタへ
次のネタへ

かぜ薬は、つらいかぜの症状を抑えるためのもの。かぜの原因(ウイルス)を体から追い出すのは、人の体に備わった「免疫力」です。
ところが、かぜをひいて寝不足や栄養不足になってしまうと、体力が落ちて免疫力も下がってしまいます。
ここでは、かぜをひいてしまったときにお家でできる、体力を落とさないための対処法をご紹介します!

熱があるとき

かぜをひいて熱が上がるのは、体がウイルスと戦おうとしている証拠。

ですから、むやみに熱を下げようとせず、38℃くらいまでは様子を見ましょう※。

とはいえ、高熱が続くと体力を消耗して、免疫力も下がってしまいます。そこで、カギとなるのが体温の上手なコントロールです。
かぜのひきはじめで寒気がするときは、素早く熱を上げてしまいましょう。室温を高くして布団に潜り込み、体を温めるのがおすすめです。

このとき、必要以上に厚着をして寝てしまうと、寝汗で体が冷えてしまうのでご注意を!逆に、熱が上がりすぎてダルいときは、おでこよりも、首のまわりやわきの下、太ももの付け根などを冷やすと効果的です。

それから、体温を管理することも大事です。忙しい場合に、非接触体温計で体温を測って便利です。その非接触体温計 おでこに向けスタートボタンを押せば、ピッと数秒で検温ができます。赤外線 体温計ですから、検温時間の短縮になります。

せき・たんがでるとき

“発熱”と並ぶつらいかぜ症状と言えば“せき”。
強いせきを1回するたび、約2kcal消費すると言われていますが、計算すると4回せきをするだけで階段を100段上ったのとほぼ同じ運動量に!
また、夜寝ようとして横になるとせきが止まらなくなることも多く、睡眠不足でさらに体力を消耗してしまい、免疫力が下がってしまいます。

でも、せきをしないとウイルスを体の外に出すことができません。
そんな時には、ガマンをせず、胸が大きく動かないように“小さく、細かく”せきをしましょう。
また、のどが乾燥するとせきが出やすくなるので、加湿器で部屋の湿度を60〜80%に保ち、温かい飲み物を飲んでのどを潤すと良いでしょう。
そのほか、ハチミツやキンカンなど、のどに良いとされているものを摂るのも効果的です。

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。