TOP > 学問・研究 > 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場

歯性上顎洞炎の特徴

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 162
◇登録日
2017年7月13日
oreenn
oreenn
道場主

Lv.9

Check

前のネタへ
次のネタへ

この歯痛は、副鼻腔炎だけが原因で起こるものではないようです。虫歯や歯周病が悪化することで副鼻腔炎になるおそれもあります。これを、歯性上顎洞炎(しせいじょうがくどうえん)と呼びます。ホワイトニング機器

一部の人は、上の奥歯(第二小臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯)の歯根の先端が上顎洞のすぐそばに近接していたり、あるいは上顎洞に突き出している場合があります。そのため、それらの歯で虫歯や歯周病が進行し、根の先端部分から上顎洞に細菌が入り込んで炎症が起こると、副鼻腔炎(蓄膿症)と同じような症状(鼻づまり、膿まじりの鼻水、顔面の痛みや腫れなど)が出てきます。歯科根管治療用

引用:ヘルスケア大学<o:p></o:p>



歯性上顎洞炎の治療

<o:p></o:p>

歯性上顎洞炎の治療では、耳鼻咽喉科と歯科医の両方からのアプローチが必要となります。抜歯をすることで多くは症状が改善されるようですが、重度の場合には内視鏡手術なども必要になるおそれもあります。

<o:p></o:p>

治療に際しては、急性期にはまず抗生物質などの抗菌薬を投与し、細菌の感染を抑えて炎症を鎮めます。慢性期になると、CTなどを使って原因となる歯を特定する必要があります。原因歯は1本だけでなく2&#12316;3本の場合もあります。こうして特定した歯が虫歯であれば、根の治療、歯周病であれば、歯の抜歯を行います。このように、まずは原因となる部分を取り除くのが原則です。抜歯をすれば、ほとんどの場合症状は改善します。<o:p></o:p>

引用:ヘルスケア大学

<o:p></o:p>

歯痛が起きたら原因の特定を<o:p></o:p>

歯痛には、副鼻腔炎や風邪によるものもあれば、歯性上顎洞炎のような虫歯や歯周病が原因のものがあります。普段からオーラルケアを徹底することはもちろん、鼻や歯に不安がある方は、早めに医師に診断してもらうようにしましょう。



http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/45259

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る