TOP > グルメ > ♪甘い誘惑♪ チョコレート道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ♪甘い誘惑♪ チョコレート道場

チョコの溝は、チョコをきれいに割るためのものではなかった・・・!

◇評価 5ポイント
◇閲覧回数 12,122
◇登録日
2013年1月14日

Check

前のネタへ
次のネタへ

チョコの溝は、チョコをきれいに割るためのものではなかった・・・!







 板チョコの溝は、チョコをきれいに割るためのものではなかった――。発言小町の「板チョコの真実! 知らなかったのは私だけ?」というトピックに衝撃を受ける人が続出しています。
 書き込みの内容は、「板チョコの溝は型から出しやすいように作られたものであって、溝に沿って割るためではない」というもの。対するコメントでは、「知らなかった!」「どうりできれいに割れないわけだ」といろんな人が驚きの声をあげていました。

 実際のところ、溝はなんのために入れているのでしょうか。「ガーナミルクチョコレート」のロッテと「明治ミルクチョコレート」の明治、それぞれの広報担当者に問い合わせてみました。

 それによると、ロッテでは、チョコを早く冷やして固めるために溝を入れているそうです。溝を入れることでチョコと型の接する面積が広くなり、熱が逃げやすくなるため早く固まるのだとか。また明治の場合は理由が2点あり、ひとつはロッテ同様チョコを速く固めるためと、もうひとつはチョコを型から取り外しやすくするためだとのこと。

 トピ主さんが書いていた「型から出しやすいように」というほかに、「早く冷やして固めるため」という効果もあったんですね。いずれにしても、板チョコの溝は効率よく製造するためのもので、きれいに割るためのものではなかったようです。うまく割れなくてモヤモヤしていた人も、これでちょっとはスッキリしたのでは!

【ねとらぼ コピペ】


こんな理由だったんですね。
この溝はきれいに割るためのものだと思いました!
たまにうまく割れないチョコレートがあったのはこれでか・・・!
勉強になりました◎


【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る