TOP > 学問・研究 > 「みんなでアーティスト&キュレーター気取り!」芸術道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 「みんなでアーティスト&キュレーター気取り!」芸術道場

【パフォーミングアーツ】平田オリザ+石黒浩研究室(大阪大学) あいちトリエンナーレ2010参加者紹介

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 9,260
◇登録日
2010年5月21日

Check

前のネタへ
次のネタへ
あいちトリエンナーレ2010年に参加するアーティストを紹介します



平田オリザ+石黒浩研究室(大阪大学)
Oriza Hirata + Ishiguro Laboratory (Osaka University)



ロボット版『森の奥』 世界初演
8.21(土)〜24(火)
会場:愛知芸術文化センター 小ホール

平田オリザは1962 年東京生まれ。「現代口語演劇」を唱え、90年代の小劇場演劇の流れをつくる。
劇作家・演出家、劇団「青年団」主宰、東京・こまばアゴラ劇場支配人、大阪大学教授など、
演劇はもとより教育、言語、文芸などあらゆる分野で活躍中している。今回のトリエンナーレでは、
平田オリザが脚本・演出を担当し、知能ロボット研究の第一人者で「世界の生きている天才」
ランキング(英Synectics/2007 年)では日本人最上位の26 位に選出された大阪大学の石黒浩教授の
チームと共同で世界初となるロボットと人間の共演による演劇を上演。



【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る