TOP > スポーツ > 2021機械式時計道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 2021機械式時計道場

創設者のハンス・ウェウスドルフをご存じですか?

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 1,290
◇登録日
2021年3月19日
yangcheng1052
yangcheng1052
道場主

Lv.3

Check

前のネタへ
次のネタへ
「超」が付くブランドのロレックスの話になると、何でロレックスは世界的に有名になって、あそこまでの地位が確立されたのか、議論になっちゃいますね。それは広告戦略だとか、高額だが一般人がちょっと頑張れば買えるような上手な価額設定だとか、日常使用を想定した丈夫さとか、長年着用してもとても丈夫だとか、たくさんの意見が寄せられてきますが、どれも納得のいくお話ですね。
ロレックスの歴史は、創設者であるハンス・ウェウスドルフの先駆的かつ先見性のレディースファッション通販ある精神に密接に結びついています。。1881年3月22日にドイツのバイエルン州クルムバッハで一人の男の子が誕生しましたが、その赤ん坊が後日有名になったロレックスの創設者であるハンス・ウェルスドルフです。1900年、19歳のハンス・ウェルスドルフはスイスにあるクリオ・コンテンに入社して、イギリスへ時計を輸出する仕事に就きましたが、3年後彼はイギリスのロンドンに引っ越しをしました。そして1905年、24歳のハンス・ウェルスドルフはロンドンのハットンガーデン86番地に義理の兄弟とともにウェルスドルフ&デイビスという時計販売の専門会社を設立しました。
当時、時計の性能はあまりいいものロレックスコピーではなかったが、ハンス・ウェルスドルフは腕時計はエレガントだけではなく、信頼性も兼ね備えるものになれると予見していたのです。極めて革新的なこの時計がいかに信頼性の高いものであるかを世界中の人々に理解してもらうため、彼はいろいろな努力と斬新な発想に基づいて開発をし続けました。努力の結果、ロレックスのモデルには様々な逸話が残っていて、その歴史を探っていくのもかなり興味が湧くことですね。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る