TOP > レジャー・アウトドア > 黒川温泉道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 黒川温泉道場

黒川温泉へなぜ大分空港から行こうとするのですか?

◇評価 99ポイント
◇閲覧回数 55,206
◇登録日
2010年11月11日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ
黒川温泉に本州方面から来られるお客様の多くは、
なぜか大分空港を利用される方が多いです。

しかし、黒川温泉があるのは熊本県阿蘇地方です。
そして、黒川温泉から一番近い空港は阿蘇くまもと空港(熊本空港)なのです。

このため、大分空港から黒川温泉に直通するバスはありません。
さらに、大分空港は国東半島の先の方にあるため、
別府市内や大分市内からも結構距離があるのです。


また、黒川温泉へ大分県側から直通する路線バスは
別府・由布院からの九州横断バスと
日田からの高速バス
福岡―黒川温泉線のみで、
それ以外は一切ありません。

歴史的な経緯から県境を越える路線バスは制約が多く、
大分県から熊本県にまたがるバス自体がわずかしかないのです。
質問サイトで「九州横断バス以外の公共交通機関で教えてください」という人がいますが、
それは無理難題といっても過言ではありません。
写真左は九州横断バス、写真右は由布院駅前バスセンターです。


さらに、気を付けていただきたいことがあります。
別府ICから湯布院ICの間は、
季節によっては霧が発生することが多いのです。

この場合、大分自動車道は通行止めになってしまいます。
その結果、高速を降りた車が一般道に集中し、
特にJR由布院駅周辺は激しい交通渋滞となり、
身動きがほとんど取れなくなってしまうのです!!


大分空港を利用して黒川温泉に向かう場合は、
別府温泉や大分市内、由布院温泉、湯平温泉など、
大分県内で1泊することを強くお勧めします。

こうすると、関アジや関サバに代表される
大分の海の幸を堪能することもできます。
また日本最大の湧出量を誇る
別府温泉郷で地獄めぐり(写真)などを楽しんだり、
由布院温泉や湯平温泉で入浴を楽しめます。
ちなみに、平(ゆのひら)と由布院の二つを合わせて
湯布院」と呼びます。
(由布市湯布院町)
駅名は「由布院駅」、インター名は「湯布院IC」です。


もし、別府や由布院・湯平に泊まらずに黒川温泉に行く場合は、
大分空港は距離的に遠いため、ものすごく不便です。
また、湯布院ICと黒川温泉の間の移動に
「やまなみハイウェイ」を利用する場合、
標高1330mもある牧の戸峠(写真)を越えなくてはなりません。

さらに、大分空港から宮崎県の高千穂に行くプランを
立てる人が少なくありませんが、
正直言ってこれは無謀と言わざるを得ません。
高千穂へ行くなら、阿蘇くまもと空港の方がずっと近いのです。

黒川温泉が有名になって、遠方のお客様がいらっしゃるようになったのは、
昭和60年代以降と、比較的最近のことです。
もともとJRの最寄駅からのバスがなかったこともあって、
現在でも公共交通機関の便は非常に悪いのです。
したがって群馬県の草津温泉や和歌山県の白浜温泉のような
JRの駅から直通する一般の路線バスはありません。

(詳細は過去ネタ「黒川温泉へ一般の路線バスでのアクセスは不便」を参照)
このような理由から、九州横断バスや福岡からの高速バスをお勧めするのです。
(こちらの詳細は「黒川温泉の最寄り駅はどこ?」を参照)

不便な場所だったために、高度成長期の発展から取り残されてしまった黒川温泉。
それゆえに、素晴らしい景観と自然あふれる露天風呂めぐりを楽しめるのです。
交通の便は非常に悪いですが、それだけの価値がありますので、
是非とも黒川温泉にお泊りいただけますようご案内申し上げます。

また、黒川温泉と阿蘇山など阿蘇地域のみを周遊される場合は、
阿蘇くまもと空港の利用を強くお勧めします。

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。