TOP > ライフ > 環境を守ろう道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 環境を守ろう道場

オゾンホールが南極の温暖化を防いでいる!?

◇評価 40ポイント
◇閲覧回数 10,220
◇登録日
2010年1月20日
ブルンディ
ブルンディ
道場主

Lv.266

Check

前のネタへ
次のネタへ
オゾンホールといえば、春から夏にかけて南極上空に発生するオゾン層の穴。
ここから有害な紫外線が直接降り注ぐことで、生物に影響があるという悪者のイメージです。
オゾン層破壊の原因とされている塩素ガスを発生するフロンガスを廃止しようという取り組みの中、今世紀中ごろにはオゾンホールがなくなる予測が立つところまで成果が出ているそうです。

さて、この南極について目を向けてみますと、世界中が温暖化する中、南極だけは温暖化がそれほど進まないことが世界中の科学者たちによって謎とされていました。(これには異論もたくさんあります。)
いや、南極の温暖化で氷山が消えている映像などたくさん見たことがある、という方もみえるでしょう。
南極というのは地理的に「西南極」と「東南極」に分けなければならず、温暖化で氷が解けると叫ばれているのは、海が多い「西南極」のほう。
逆に「東南極」では、十分な寒さがあるため氷が解ける影響は少なく、世界中の温暖化が進むと降水量が増え、氷は増えるのではないかという予想もあるくらい。


このことに大きく関わっているのがオゾンホールではないかという説があります。
そもそもオゾンホールができるメカニズムとしてこの地帯の極渦と呼ばれる強い偏西風帯を考えなければいけません。
これにより発生したオゾンホールの為に暖かい空気な南極に流れにくくなっているという説です。
その影響で南極は温暖化の脅威から守られているのではないか、そしてオゾンホールがなくなると偏西風が弱まり南極に暖かい空気が流れ温暖化が進むのではないか。というのが多くの科学者の意見です。

南極の氷は太陽光を跳ね返すことで温暖化に歯止めをかける大きな役割を果たしているようです。
この氷がなくなることは世界全体の温暖化を促進してしまうことになります。

温暖化ガスとしても分類されるフロンガスが、実は温暖化を止めていたということであればとても皮肉なことです。
だからといってフロンガスを使用しようということにはなりませんが、このことへの対策も世界中で話されなければなりません。


【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。