TOP > 学問・研究 > 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場

歯の本数が少ないと胃腸が弱くなりやすいと言われるのはこのためです。

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 1,434
◇登録日
2019年1月31日

Check

前のネタへ
次のネタへ

歯が少なくなることによって、次のような悪影響も考えられます。<o:p></o:p>

胃腸への負担が増える<o:p></o:p>

私たち人間は、歯で食べ物を細かく砕いてから飲み込むことで、正しく効率的に栄養を摂取できています。しかし歯が少なくなると噛む力が弱り、食べ物を丸飲みしがちになり、胃腸への負担が増えてしまいます。歯の本数が少ないと胃腸が弱くなりやすいと言われるのはこのためです。<o:p></o:p>

歯科ハンドピース滅菌

見た目の印象が変わる<o:p></o:p>

笑ったときに歯並びがキレイな人は、周囲の人に好印象を与えます。逆に歯並びが悪かったり、歯がない部分があったり、歯が黄ばんでいると、それだけでイメージダウンになってしまうことも。口の周りの筋肉が衰えると顔にしわが増え、老けてみられがちにもなります。<o:p></o:p>

また、片側の歯を失ってそのままにしておくと、やがて顔の形が左右アンバランスになってしまうため、早めに補綴(ほてつ)治療(インプラントや入れ歯、ブリッジなどで失った歯の機能を補う治療)を受けることが大切です。<o:p></o:p>

力を入れることができなくなる<o:p></o:p>

スポーツ選手は、虫歯になると調子が悪くなるそうです。ここぞという場面で歯を食いしばれず、力を発揮できなくなるからです。<o:p></o:p>

スポーツに限らず、私たちが重いものを持ち上げたり、全力で走ったりするときには奥歯を噛みしめています。歯を失くすと噛みしめることができなくなり、運動機能も低下しがちです。ちょっとした段差でつまずいたり、人混みで人にぶつかりやすくなったり、怪我のリスクも増えてしまいます。<o:p></o:p>

ホワイトニング装置

認知症の発症リスクが高まる<o:p></o:p>

認知症と歯が関係していると言われても、すぐにはその両者が結びつかないかもしれません。しかし最近の調査では、「認知症の高齢者は健康な高齢者よりも歯が平均5本少ない」というデータが明らかになっています。<o:p></o:p>

歯の本数が減ると噛む回数が少なくなり、脳への刺激も減ります。脳細胞が減少することで認知症が進行するのではないかと考えられています。<o:p></o:p>

認知症の予防のためにも、しっかりと噛める状態を取り戻すことが大切です。「加齢とともに歯がなくなるのは仕方がない」とあきらめに、インプラントという選択肢をお考えになってはいかがでしょうか。ご高齢の方でもインプラント治療を受けていただくことが可能です。<o:p></o:p>

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る