TOP > 学問・研究 > 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場

歯周病は、生活習慣病のひとつです

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 1,032
◇登録日
2018年9月11日

Check

前のネタへ
次のネタへ

歯周病は、生活習慣病のひとつです。歯磨きの仕方だけでなく、喫煙や食事、ストレスなどの影響も受けます。とくにリスクが大きいのは、喫煙習慣です。たばこを吸うと、ニコチンの作用で歯肉の血流が悪化し、低酸素状態になるため、歯周病菌が増殖しやすくなります。免疫力も低下するため、歯周病の進行も早まります。歯肉に異常がみられたら、禁煙あるいは節煙を心がけたほうがいいでしょう。
<o:p></o:p>

食事面では、間食などで糖分をとりすぎないことも大切です。糖分は、歯周病菌の重要な栄養分だからです。また、糖分のとりすぎなどから糖尿病になると、歯周病も悪化します。
ストレスも、歯周病を悪化させる原因のひとつです。ストレスを受けると睡眠中に歯ぎしりをすることが多くなり、歯だけでなく、歯肉にも余分な負担がかかるからです。
中高年になると次第に歯肉が後退し、歯周ポケットが広がるため、歯周病菌が繁殖しやすくなります。心臓病などの全身疾患をまねかないために、毎日の生活のなかで歯周病の予防や改善を心がけましょう。<o:p></o:p>

歯科器具中古販売

歯周病は疾患にも関係している<o:p></o:p>

歯周病は歯周病に関わる菌群(人体に悪影響を及ぼす5種類ほどの菌がいることがわかっています)による感染症です。歯周ポケットなど歯の周辺から、口腔内の傷や血管を通して、細菌が全身に広がってしまうことがあります。

近年、歯周病に関わる細菌が心筋梗塞や脳梗塞などと関係していることが発表されています。特に病気療養中や高齢者などの病原菌に対する抵抗力が落ちている方にとっては決して軽く扱ってはならない病気です。

歯周病のきっかけになるのは「歯垢」。
歯垢は、ただの汚れや食べもののカスではありません。それらに細菌が繁殖して目に見える状態になったものです。実に歯垢の8割は細菌だといわれています。

細菌が目に見えるほどの塊の状態、つまり歯垢になるには24時間くらいかかります。食事は人間にとって不可欠なものですが、それが食べかすとして口腔内に残っている場合は細菌のエサになってしまうのです。これを取り除くために行うのが、食後の歯磨きです。とくに唾液が減る睡眠中は細菌が活動しやすい時です。このときに食べかすが残っていると、細菌にとっては天国状態です。就寝前の歯磨きはとても大切です。

ちなみに、24時間を過ぎてさらに放置してしまうと、約2日間で「歯石」に変化してしまいます。 歯石になってしまうと、通常の歯磨きで落とすことは困難です。
歯科レントゲン
歯垢や歯石はそのままにしていると、歯周病だけでなく、虫歯の原因にもなります。 細菌の塊が歯と歯茎の間に入り込んでいますから、歯茎が弱くなってしまい、細菌を更に増やしやすい状態を作り上げていまいます。 恐ろしいことに歯周ポケットに歯垢が入り込むことによって、口の中だけではなく、体の中にまで細菌を取り込んでしまうことになります。特に抵抗力の落ちている病気療養中や高齢者は気をつけなくてはなりません。<o:p></o:p>

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る