TOP > 学問・研究 > 大人の豆知識道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 大人の豆知識道場

レーザーパワーと波長の関係を紹介

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 2,066
◇登録日
2018年8月8日

Check

前のネタへ
次のネタへ

655nmレーザーポインター

多くの人は、レーザーポインターパワーとレーザーの波長との関係に驚いています。 どのカラーレーザーポインターが最も強力ですか? 同じ出力パワーであっても、レーザポインタの異なる波長は、異なるエネルギーを放射する。

第一、レーザー発散角が大きいほど、目標距離が近くなる。 ロービーム発散レーザーは、大きな発散レーザーよりも優れています。 同じ照明領域では、より長いレーザーポインターはより大きいレーザー発散角を有する。 したがって、赤色レーザーは、赤外線レーザーよりも長いビーム視認性を有する。 しかしながら、異なるタイプのレーザーポインターは、異なるメカニズムを生成する。 出力電力で同じ発光面積を達成することは困難である。 例えば、808nmの赤外線レーザーは、980nmの赤外線レーザーよりも大きな照射領域を有する。 同じ出力パワーでは、808nmの赤外線レーザーは、980nmの赤外線レーザーポインターよりも大きなレーザービームの発散角を有する。

第二:近距離場のレーザー照射による損傷は、対応する長距離損傷である。 異なる波長の高出力レーザーは、レーザーの平行度が同じである場合、異なる焦点制限を有する。 例えば、1064nmの赤外線レーザーの焦点距離の限界は、532nmの緑色レーザーの焦点距離の限界の20倍である。 換言すれば、単位面積当たりの532nm緑色レーザーの強度は、同じ出力パワーを有する1064nm赤外線レーザーの強度の20倍である。 一般に、長波レーザーは、低パワーレーザーよりも大きな焦点限界を有する。

10000mW 超高出力レーザーポインター

第三:強力なレーザービームは、人間の目や皮膚に損傷を与える可能性があります。 低侵入レーザーポインターは、レーザエネルギー密度の点でより良い性能を有する。 しかし、レーザーの波長と透過率との間には絶対的な関係はない。 すべての可視レーザーの中で、長波長レーザーポインターは、短波長レーザーよりも良好な透過性を有する。 しかしながら、長波赤外線レーザーでは、顕著な熱効果があり、透過力は弱い。 CO2レーザーはガラスに刻印できますが、532nmのグリーンレーザーではできません。

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。