TOP > レジャー・アウトドア > 韓国バラエティ番組道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 韓国バラエティ番組道場

脚本家ノ・ヒギョン「Live(生きる)」最終回 あらすじ

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 98
◇登録日
2018年6月11日
rainbow66
rainbow66
道場主

Lv.3

Check

前のネタへ
次のネタへ
tvN新土日ドラマ「Live(生きる)」(脚本:ノ・ヒギョン、演出:キム・ギュテ)が3月10日に韓国で初放送される。「Live DVD」は「ディア・マイ・フレンズ」「大丈夫、愛だ」など完成度の高いドラマを執筆したノ・ヒギョン脚本家が書く交番の警官たちの物語だ。

韓国で 6日 放送されたtvN「Live 」最終回では、ヨム・サンス(イ・グァンス)がオ・ヤンチョン(ペ・ソンウ)を助けるために犯人に銃を撃ったが、不利な状況が発見され、ヨム・サンスが罷免の危機を迎える内容が放送された。貧乏くんの恋物語 DVD

ヨム・サンスの悔しさを知っている同僚たちは、不当な状況に怒った。国費留学に行こうとしていたハン・ジョンオ(チョン・ユミ)は、ヨム・サンスが無罪であることを確認する前には行かないと話した。TONG〜メモリーズ〜 DVD

彼女は「あなたが勝つのを見てから、事件の多いこの地区の警察署で、私が居られる最長期間2年半過ごして、私がもっと強くなってから行こうと思う」とし「あなたは一人じゃない。私がいる。寂しがらないで。寂しがったら怒るよ」と話し、ヨム・サンスのそばに残ることにした。

この日、オ・ヤンチョンはヨム・サンスの懲戒委員会に一緒に出席した。この日ヨム・サンスは「私は被害者と私が尊敬する同僚を助けました。僕はそれでいいんです」と話した。

オ・ヤンチョンは「私は今日、警察として命同然に思ってきた使命感を失いました。私はこれまで、後輩たちにいかなる瞬間も国民の生命と安全の責任を取れ、警察としての使命感を持て、どんな瞬間も自分の安易よりは市民を、国民を守れ、それが警察の本分で使命だ…何度も強調し、話してきた。今この瞬間、その言葉を発したすべての瞬間を後悔します」と涙を流した。

オ・ヤンチョンは「私をこんなにくだらなく、卑怯に、悲惨にしたのですか。誰がこんな風にしたのですか。一体誰が私の使命感を持っていったのですか!」と怒った。

結局、ヨム・サンスの正当防衛が認められ、犯人も初犯ではなく、再犯であることが明かされ、世論も現場警察の苦労にフォーカスが当てられた。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る