TOP > 学問・研究 > 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場

顎関節症は、顎の違和感や痛みなどが慢性的にあらわれる病気です

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 782
◇登録日
2017年11月21日

Check

前のネタへ
次のネタへ

原因には様々なものがあり症状も異なりますが、まとめて顎関節症と言います。顎を動かしたときに異常を感じる方は、顎関節症にかかっている可能性があります。まずは、代表的な症状を見ていきましょう。<o:p></o:p>

口腔内カメラ

初期症状としては口が開きにくい、顎を動かすとカクカク音がするといった症状があり、状態がひどくなると口を大きく開いたりするのが困難になり、食事も思うようにとれなくなる等、生活に支障が出てきます。また自分の顎の形に合わない詰め物を入れて治療を行い、数年後に顎関節症の症状が出るケースが多く、患者さん自身も原因を自覚していない方が大半です。顎関節症は症状によって、次のように分類されます。<o:p></o:p>

筋肉の障害によって起こるタイプ<o:p></o:p>

関節包・靭帯の障害によっておこるタイプ<o:p></o:p>

関節円板の障害によって起こるタイプ<o:p></o:p>

変形性関節症によって起こるタイプ<o:p></o:p>

顎関節症の治療<o:p></o:p>

「口を急に大きく開けたり、硬いものを噛んだらあごが痛くなったが、放っておいたら自然と治った」という経験をされた方もいると思いますが、顎関節症は軽度であれば自然に治る場合もあり、必ず悪化していくという疾患ではありません。
このことからその治療法は、症状や病態によって変わってくるものの原則的には侵襲的な方法は避けられ、非侵襲的でかつ患者さんの肉体的、精神的、経済的に負担がより少ない方法が第一選択とされます。<o:p></o:p>

認知行動療法<o:p></o:p>

患部を安静にし、顎関節症の原因となるような生活習慣(歯ぎしりや癖など)を理解していただき、改善するようこころがけてもらいます。<o:p></o:p>

薬物療法<o:p></o:p>

初期治療として薬物療法をおこないます。内服薬としては鎮痛剤、軽い筋弛緩剤、穏和精神安定剤を症状に応じて投薬します。<o:p></o:p>

マイクロモーター

スプリント療法<o:p></o:p>

顎関節および関連する筋組織の疼痛および機能障害に対して、生理学的管理法であるスプリント療法がよく用いられます。この方法は通常、硬性アクリルレジンで製作し、上顎あるいは下顎歯列に装着する咬合面間装置であり、顎関節や筋への負担を軽くして歯ぎしりや食いしばりの害を緩和する効果があります。<o:p></o:p>

外科療法<o:p></o:p>

保存的な治療にて症状の改善が得られない場合には、外科的療法が選択されます。外科的療法では主に関節腔内洗浄療法や関節鏡手術、開放性関節手術などがおこなわれます。<o:p></o:p>

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る