TOP > アニメ・漫画 > 韓国のTVドラマ紹介道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 韓国のTVドラマ紹介道場

リメイクシリーズ第3弾『無実はさいなむ』Ordeal by Innocence

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 1,067
◇登録日
2018年12月4日
esjeen
esjeen
道場主

Lv.20

Check

前のネタへ
次のネタへ
"ミステリの女王"アガサ・クリスティによる1958年の小説「無実はさいなむ」を英BBCが映像化したドラマ『Ordeal by Innocence(原題)』が、イギリスのミステリ愛好家たちに好評だ。3話構成のフーダニット(犯人を当てる形式の推理モノ)で、4月1日から毎週一話ずつ放送されている。一度は放送中止の危機に見舞われたものの、一部のキャストを入れ替えての再撮影を敢行し、イースター・シーズンに無事お披露目となった。

無実はさいなむ DVD』は1957年に発表された長編推理小説です。数々の推理小説を手掛けたアガサ・クリスティーが、自身の著書の中でも特にお気に入りの一冊として名前を挙げたことで知られていますね。

『そして誰もいなくなった』(2015)『検察側の証人』(2016)…と続き、サラ・フェルプス氏の脚本によるリメイクシリーズ第3弾。これまでの作品同様豪華キャストが起用されており、大胆なアレンジを加えながらもクリスティーの重厚な世界観を見事に映像化しています!高い城の男 シーズン3

1954年のクリスマスからストーリーは始まる。資産家のレイチェルが自身の邸宅で何者かに殺害され、彼女と一緒に暮らしていた多くの養子たちの一人であり、金銭面で困窮していたジャックに容疑がかけられる。ジャックは無実を主張するも、獄中で死亡する。 彼の見つめる先に DVD

1年後、レイチェルを亡くした夫のリオは再婚を決意し、親戚を招いた結婚式を開く。そこへ、ジャックのアリバイを証明できると主張するキャルガリ博士が登場したことで、一同の祝賀ムードは一変する。警察の捜査は誤りで、レイチェル殺しの真犯人は自分たちの中に潜んでいるのだろうか?

レイチェル役に『THE HOUR 裏切りのニュース』のアンナ・チャンセラー、夫のリオ役に『ラブ・アクチュアリー』のビル・ナイを迎え、家族の一人として『ダウントン・アビー』のマシュー・グードも登場する。イギリスの名優ぞろいの作品となっており、深みのある演技は必見だ。

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る