TOP > ファッション > NOOBロレックス最新の製品 道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 NOOBロレックス最新の製品 道場

ブランド黎明期を飾ったロングセラーの嚆矢

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 106
◇登録日
2021年5月3日
amuju
amuju
道場主

Lv.2

Check

前のネタへ
次のネタへ
1994年発表の「カサブランカ」は、あらゆる意味で画期的な時計だった。独創的な形状のステンレス製ケース(当時この形状をステンレスで成形することは不可能と考えられていた)に経年変化を楽しめる文字盤の組み合わせ。そして価格を下げるため、あえて汎用自動巻きを搭載するという潔さ。このモデルに先立つこと2年前、フランク ミュラーは一部モデルの量産化に取り組んでいた。しかし?数?を意識したのは、カサブランカ以降であった。
 果たせるかな、この野心的な試みは一部の愛好家のみならず、それ以外の層にも広く訴求するに至った。仮にカサブランカがなくとも、時計師フランク・ミュラーは歴史に名前を残しただろう。しかしこのモデルを欠いて、彼が成功を収めたとは考えにくい。
 もっともカサブランカが大ヒットを遂げた理由は、実物を触るとおのずと理解できる。鏡面仕上げのケースにはほぼ歪みがなく、リュウズのガタも皆無だ。ラッカー仕上げの文字盤もアンティークウォッチのような繊細さを湛えている。現在の時計メーカーが盛り込もうとするこういった要素を、フランク ミュラーは20年前に実現していたのである。
 なお、当初フランク・ミュラーはカサブランカの開発には乗り気でなかったという。しかし、やがて彼は、情熱をもってこのプロジェクトに取り組むことになる。一例がストラップだ。ミュラーは、当時どのメーカーも手掛けていなかったヴィンテージ風のカーフストラップを望んだ。対してサプライヤーのJ.C.ペランは彼の情熱を汲んで、手縫いのストラップを製作した。コストを考えれば割に合わない。しかしフランク・ミュラーは量産品にさえ、特別であることを望んだのである。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。