TOP > 学問・研究 > UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場

「ドラギニャン事件」フランスの山道で3m巨人エイリアンに遭遇?!

◇評価 31ポイント
◇閲覧回数 21,922
◇登録日
2011年6月10日
エイリアンぐれい
エイリアンぐれい
道場主

Lv.67

Check

前のネタへ
次のネタへ

1973年10月19日午後8時頃、フランス南部のドラギニャンにて、
あるカップルがオートバイでマルモン山の山頂に向っていた。

すると突然、オレンジ色に輝く球体が出現した。
この球体は、500〜600mほど離れたところを西から東へゆっくりと移動し、
山頂付近で消え去り、あとには赤い光だけが残された。

後に仲間を集め、2台の車でマルモン山に向かい、山頂に到着すると、
ラジオの雑音のようなピーッいう奇妙な音とともにボーッと広がる白い光があった。

周囲の気温は明らかに急上昇していた。

さらに白い輝きの上に赤い光が現れ、ゆっくりと山道を降りてくる。
隠れて見ていると、赤い光と共に、3mもある巨大な黒い人影が一緒に動いているではないか。

巨人はゆっくりと彼らに近づいてきた。そして、そこで何かを拾い上げるように立ち止った。
だいたい30秒後くらいに、巨人は再び身を起こし、赤い光も消えた。音も止んだのである。

やがて、乗ってきた車の側で小枝の折れる音が聞こえ、車自体もゆさぶられた。
恐怖を感じた彼らは、車に飛び乗り逃げ出そうとしたが、巨人は追いかけては来なかった。
そこで彼らは思いきって、「君たちは敵か味方か?」と問いかけると、
3体の巨大な人影は話し合うような仕草を見せたということだ。

その後も、彼らの不思議な体験は続いたが、無事下山し事無きを得ている。

彼らが見た巨人の説明をまとめるとこうだ。
身長2m以上、衣服の色は赤で、腹部には赤い光がついていた。
頭部はヘルメットのような四角形で、目の位置に1〜2個の長方形の穴があいていた。
歩きぶりは機械のようにゆっくりしている。1人はヘルメットをかぶっていなかったが、
ガスマスクのような面をつけており、顔の前にはベールのようなものがヒラヒラとついていた。

彼らの目撃したものはいったい何だったのか。
明らかに地球上のものではないだろう。
だが、にわかに信じ難い。虚言であろうか。
しかし、虚言にしては証言が細部まで行き届いており、
なにより、話を聞いた者は、「彼らから強い誠実さが感じられる」とも言っている。

これは本当の体験談ではないのか?
さらなる詳細の検証が必用だろう。


オカルトグッズはamazon.co.jpよりお買い求めいただけます。


CG再現
オーパーツ&
超古代ミステリー
[ムック]
スーパーUMA
目撃ファイル2010
本当に会った!!
[単行本]
学研 ムー 編集部監修
超常現象
リサーチファイル
[ニンテンドーDS]
【実録】
自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO
[単行本]



UMA&UFOネタ一覧へGO!!

謎の生物、宇宙人、UFOの映像、画像、話題がいっぱい!
「UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場」TOPに戻る
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。