TOP > 図鑑TOP > 根管長測定器ルートキャナルメーター図鑑

根管長測定器ルートキャナルメーター図鑑 ロックされている図鑑

根管長測定器ルートキャナルメーター図鑑

[作成日]2015年03月18日
[昨日の見学者]3人
[ページ数]0ページ

根管内に挿入される測定針と口唇に接続される対向電極との間に周波数の異なる2種類の電圧を印加し、各周波数に対する出力電圧の差から根管内インピーダンスを測定し、根尖位置を決定する根管長測定において、各周波別の出力電圧を同一電圧に調整するためのゼロアジャスト操作を容易にする。

根管長測定器特徴:根管長さ及ぶ歯髄活力を測量できる。
より大きく、カラーディスプレーを採用され、視覚調整できる。
多周波根管長測定技術、より精確結果見える。
ドライとウェットの根管内の状況でも、精確な測定ができます。
根管測定自動的検査。
根管狭域の検査は歯医者さんの希望より調整できる。
プログレッシブ音信号アラームシステム。
リチウム電池使用可能。充電可能。
http://www.shikakiki.jp

PV順 応援順 新着順