TOP > ネタ

道場TOP ネタ一覧 最高ラブドールの道場道場

肌の色は常に色付きのリアルラブドールの色再現の正しさを識別する

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 619
◇登録日
2020年7月11日
--

Lv.

Check

前のネタへ
次のネタへ

リアルラブドール通販の写真の芸術的な表現

優れたラブドールの写真作品は、人々の性格や態度を反映し、精神的な世界を明らかにすることができます。ラブドール写真は、大きくポートレートと環境ポートレートに分けられます。人物の顔を使用して画像を説明する人はポートレート(または頭)と呼ばれ、人物の姿勢、衣服、背景、および環境に依存する人は特定の環境のポートレートと呼ばれます。

リアルドールの写真を成功させるには、「形と精神」が必要です。「形」とは、構図、光、色など、キャラクターの外形の形を指し、「神」とは、キャラクターの外観、つまり表現を指します。実際の室内照明のラブドールを撮影するには、まず、撮影する人物に精通し、性格の異なる人と相互理解関係を築き、緊張なく本来の性格を失わないようにする必要があります。

1.画像構成

室内照明を撮影するときに最初に遭遇する問題は、撮影場所の選択です。まず、写真の表現範囲を決定する必要があります。顔が変形するのを防ぐために、カメラを人に近づけすぎないようにすることは一般に推奨されません。第二に、顔の特徴に応じてより合理的な撮影方向を選び、顔または横からの撮影を決定する。第三に、顔の特徴に応じて撮影高さを選び、フラット、チルト、チルトの撮影角度から選択を調整します。意味の3つの要素は、巨乳ラブドールの絵の形に直接影響します。うまく使えば、顔の形の利点を強調したり、見た目の欠如を補ったりできます。同時に、構図の安定性​​とバランスにも注意を払う必要があります。人間の顔は方向性があります。一般に、人間の顔の前にはより多くのスペースを残す必要があります。もちろん、特定の芸術的効果を得るために、反対の方法で合成する方法もあります。

画像を構成するときは、色の分布を考慮し、色は画像の文字を際立たせるために使用する必要があり、ノイズが支配的であることを覚えておいてください。作曲では、ダッチワイフの姿勢をうまく扱う必要があります。頭は丸い球、肩は半円弧と考えると、頭の回転と肩の半円弧が一定の角度をなしているので、姿勢の勢いが感じられます。射撃範囲に手や体のジェスチャーが含まれている場合、手の動きは人物の感情を表現するのに役立ち、体のジェスチャーはキャラクターの内部の活動や感情を表現する役割も果たします。

2.バックグラウンド処理

ライトエンティティアニメラブドールの写真では、背景がメインキャラクターを引き立たせて、観客の写真を乱さないようにする必要があります。キャラクターの服装が複雑な場合、背景はシンプルである必要があります。服装は明るく、背景色は明るいはずです。背景の構成は複雑すぎるのは簡単ではなく、対象のアイデンティティとパーソナリティ特性と調整する必要があります。肌の色は常に色付きのリアルラブドールの色再現の正しさを識別するための視覚的なベンチマークとして使用されてきたため、背景と顔の色は強くなりすぎないようにしてください。背景は、撮影する人物に近すぎないようにしてください。そうしないと、背景の色が顔や体に反映され、キャラクターのパフォーマンスに影響します。背景と撮影する人物との距離が離れており、照明を当てる際に別の照明扱いをすることは独立した個人とみなすことができます。文字と背景のコントラストは、明るさの違いだけでなく、色の違いによっても得られます。

3.服とアクセサリー

ラブドールの服の色は肌の色と調和し、パフォーマンスの雰囲気に合わせる必要があります。性格がアクティブな人にとっては、服の色は明るくなければなりません。落ち着いた色は落ち着いたキャラクターを表現するためだけに使われます。明るい肌の人は、明るい肌の人よりも明るい肌の人の方が適しています。

柔らかく涼しい色(明るいまたは暗い)は、新鮮な肌のトーンの暖かさを高めることができます。背景が適切な灰色の白い服は、肌の色を反映することがあります。キャラクターに加えて、小道具や衣装などの他のオブジェクトは、実際のリアルラブドールの写真の範囲内で数と色を簡潔にする必要があります。彼らは主人公を表現するのに役立ちます。画像のプロットを豊かにするため、または装飾の役割を果たすためによく使用されます。

4.リアルダッチワイフの写真の屋内照明モデリング

屋内でのラブドールの写真の学習は、ランプとランタンの使用から始める必要があります。光リアルドールの写真の撮影では、ランプの使用から始める必要があります。カラフルなエンティティ人形のモデリングを完了するには、いくつかのライトを準備する必要がありますが、照明の基本ルールに従う必要があります。つまり、メインライトとして使用できるのは1つのライトのみで、残りのライトはメインライトと補助ライトを形作るのに使用されます。画像。カラーエンティティのダッチワイフの写真の視線は非常に重要です。目のどの部分が視線の位置にありますか?それは、視線の表現に直接影響します。必ず眼の中心に表示されるようにしてください。瞳孔は常に暗いので、目の中心部に目の光を当てると、暗い瞳孔が白く写り、白内障のように見えます。したがって、目の光点は瞳孔の外に出なければなりません。側面からの正面の光は照明のより良い方法であり、それは適切な位置に目を作ることができます。室内色ロリラブドールを撮影する場合、配光により、上記のハイキー、ミドルトーン、ローキーなどの画像の色調をコントロールできます。また、色の分布や濃度の違いによって、さまざまな効果が生まれます。トーンの処理では、画像のカラーモデリングの調和を追求する必要があります。背景の色が強い場合、対照的に、リアルラブドールは色あせてくすんだ感じになります。人の目も最も強い色の領域、つまり背景に引き付けられます。色を使ってキャラクターを引き立たせるためには、周囲の環境やキャラクターの風景の色の影響を意識的に観察する必要があります。

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

高評価ネタ

もっと見る

RSS FEED新着ネタ

もっと見る

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る