TOP > アニメ・漫画 > 韓国のTVドラマ紹介道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 韓国のTVドラマ紹介道場

鬼才ジョーダン・ピール監督『アス』わたしたちがやってくる

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 155
◇登録日
2019年9月10日
esjeen
esjeen
道場主

Lv.20

Check

前のネタへ
次のネタへ
「ゲット・アウト」に衝撃を受けた映画ファンは多いだろう。同作は第90回アカデミー賞の脚本賞に輝き、その脚本を書きメガホンもとったジョーダン・ピール監督は一躍、新作が待ち望まれる鬼才の1人となった。最新作「アス DVD」(9月6日公開)は、高まりに高まった期待とハードルを、軽々と越えるほどの“進化”を見せている。
ta20190910095814
スクリーンを支配する不穏な“何か”。最大の恐怖を味わう悦楽と、驚がくの結末に直面する快感がすさまじい。あらゆる面で前作を凌駕する「アス」に、見る者はきっと、こう呟く。人生、ただいま修行中 DVD

 『アス』の主人公一家ーーカリフォルニア州サンタクルーズに休暇を過ごしにやってきたウィルソン一家ーーは、比較的富裕な黒人夫婦とその子どもたち2人。夜になると、この一家が泊まる別荘に恐ろしい敵どもがやって来る。トランプ大統領支持の偏狭な白人レイシスト? チェルノブイリ ドラマ DVD いや、違う。逆光でよくは見えないが、どうやらウィルソン一家と同じく4人家族のようだ。別荘狙いの強盗家族? いや、違う。よく見ると、彼ら自身の分身(ドッペルゲンガー)だ。主人公であるウィルソン一家の妻アデレードを演じるルピタ・ニョンゴは、『ブラックパンサー』でスーパーヒーローのお妃候補、ナキア役を務めた。アデレードの心には恐るべき幼少体験がトラウマとなって取り憑いているため、今回のサンタクルーズ行きも内心は気乗りしなかったが、悪い予感は図星だったのだ。邪悪な分身たちは容赦ない。「本家」の事情などまったく気に留めないどころか、「本家」を滅ぼし、「本家」のライフスタイルを乗っ取ってやろうと、モンスターのわりにはきわめて計算高く準備してきている。

アデレードのドッペルゲンガー(分身)は主張する。「私たちもアメリカ人(Us)だ」と。そしてニュース速報によれば、全米各地のドッペルゲンガーたちが一斉蜂起したようである。1960年代に『ブラックパンサー』が作られなかった無念を取り戻すかのように、一斉蜂起が始まったのだ。これは革命についての映画であり、地下の暗闇で息をひそめて暮らしていたもう1人の私たち(A’, B’, C’, D’……)が一斉蜂起し、私たち(A, B, C, D……)からすべてを奪還する、地球最大の革命についての映画だ。「本家」たる私たち(A, B, C, D……)は、搾取者としての自覚すらも欠いた反革命分子として容赦なく打倒され、あえなく処刑される運命にある。幼少期からいち早くトラウマにさいなまれてきたアデレードに率いられたウィルソン一家のみが、革命集団と互角以上の善戦ぶりを見せる。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る