TOP > アニメ・漫画 > 韓国ドラマ-海外ドラマ DVD 激安通販!道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 韓国ドラマ-海外ドラマ DVD 激安通販!道場

韓国SBSドラマ「死の賛美」のネタバレ&あらすじ!

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 429
◇登録日
2018年12月5日
kaori
kaori
道場主

Lv.20

Check

前のネタへ
次のネタへ



死の賛美 韓国ドラマ」は、朝鮮初のソプラノ歌手ユン・シムドクと彼女の恋人で天才劇作家キム・ウジンの逸話を描いたドラマだ。

1921年の東京、ウジン(イ・ジョンソク)は巡回公演で上演する3本の新劇を選択した。朝鮮芸術のプライドを呼び起こすきっかけになるとのことだった。この時、女性役が必要となり、ホン・ナンパ(イ・ジフン)が「思い浮かぶ人がいる」とし、シムドク(シン・ヘソン)のもとを訪れた。朝鮮から来た留学生が一緒に作った同好会を説明し、「我々の民族を啓蒙しようという趣旨だ」と伝えた。シムドクは「それってもしかして危険なことじゃない?」と気が進まない様子を見せながらも、同好会の場に向かった。




ドアが開いており、ウジンが1人で朗読している場面を見る。シムドクは「日本語の本をなぜ朝鮮語で読んでいるの?」と声をかけた。ウジンは「勝手に入っていいと言った覚えはない」と自身を邪魔したシムドクに冷たい反応を見せた。この時、ホン・ナンパが入り、2人を紹介した。握手しようとするウジンに、シムドクは「私は別に」と公演の合流についても断った。シムドクが「そんなことに時間を費やすほど暇じゃない」と踵を返すと、ウジンは「朝鮮の人なら朝鮮のために何かすべきじゃないのか」と言ったが、シムドクは「朝鮮人であるからだ。私はたかだか留学に来た人だ。そんなことをして、ソプラノができなくなったらどうするんだ」と話した死の賛美 あらすじ




ウジンは「国をほったらかすのか」と、シムドクを理解できず、シムドクは「国がこの有様だから自分でもちゃんと生きなければならない」と話した。ウジンは「じゃ、勝手にすればいい死の賛美 DVD。お達者で」と諦めようとした。この時、シムドクは「やるよ、公演。ただ条件がある」とウジンを止めた。シムドクが掲げた条件は、歌だけ歌うということだった。公演のせいで自身が危険な状況にさらされる場合、止めるということだった。歌まで加われば豊かな公演になるはずだったため、ウジンはシムドクを合流させた。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る