TOP > アニメ・漫画 > 本日ドラマのおすすめ道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 本日ドラマのおすすめ道場

日本で放送の中国ドラマ「擇天記(たくてんき)〜宿命の美少年」第47話-第48話あらすじ!

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 4,326
◇登録日
2017年12月15日
壮一郎
壮一郎
道場主

Lv.11

Check

前のネタへ
次のネタへ




舞台は人族、妖族、魔族が共存する世界―。

計道人という師匠に育てられた陳長生(ルハン)は「星辰の力」を持ち、その血はどんな病も治す起死回生の力を秘めていた。陳長生は十数年の内に三千巻に及ぶ道書の伝授を受けたが、その特異な体質ゆえに、修行ができず、その命は20歳までもたないと言われていた。陳長生は運命に抗うため、1枚の婚書を携え神都へと向かい、仲間と共に国教学院で新天地を切り開いていく擇天記 dvd





第47話あらすじ


陳長生を失った聖后は心労がたたり、政を任せるため教宗を摂政の職に任命する。その頃、死んだはずの長生の神識は遠い彼方の星域で、周独夫に迎えられていた擇天記 日本語字幕

すると神識で長生を捜し続けた徐有容が現れ、周独夫の助けもあり長生は生き返るのであった。歓喜する仲間たちだったが、落落だけは他人行儀になっており、長生たちはいぶかる。一方、聖后も長生との再会に喜び、大陣と星図の力を使って長生の体を一新、長生の宿命を変えることに成功する。





第48話あらすじ


落落は神都を去ると陳長生に告げ、2人の思い出を持ち帰ることなく軒轅破と共に妖族の地へと帰っていった。その頃、皇宮では教宗が兵権を返そうとせず、聖后は実質の監禁状態にあった擇天記 あらすじ

そんな中、国教学院が襲撃を受ける。長生は刺客の技から、教宗こそが伏蛇の首領であり聖后から天下を奪おうとしていた黒幕だと知る。長生と徐有容は教宗を倒すため離宮へと乗り込むが、そこへ有容の父が現れる。教宗は有容の父に娘を殺すよう命じるのだった。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る