TOP > ノンセクション > shikahanbai道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 shikahanbai道場

タービンの使用に関する4つのpoint

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 413
◇登録日
2017年9月26日
shikahanbai
shikahanbai
道場主

Lv.11

Check

前のネタへ
次のネタへ
皆さん、こんにちは、歯科販売.comの担当者、ちょうきんです。
歯科タービンの使用方法やメンテナンスに関して、皆さんが見たことや聞いたことが多いですね。今回は、4つのpointをまとめて、もし、よろしければ、皆さんの参考になります。
現在の歯科高速タービンは気圧の駆動によって、バーを連れて、高速回転して歯を切削します。そして、歯科用ハンドピースが規定の気圧で回転のスピードと精確度は治療効果に大きな影響をもたらします。
つまり、タービンが回転スピードが速いほど、スリーブの同心性が良くなり、ドリルされるところがより正確になり、医者さんはリラックスになり、患者の痛みのより低くなります。だからこそ、歯科タービンは規定の気圧の場合、回転スピードが正常するかどうか大切です。
時々、歯科タービンに新しいバーを交換しても、歯を切削できません。しかし、気圧が正確です。それは歯科タービンの回転スピードが定格値に達すことができないことです。この時、ある医者さんは気圧を調節することにより、ハンドピースの回転スピードをもっと早くして、切削効果を向上させます。
しかし、それはただ一時的な方法です。タービンに潜在的な故障があります。気圧を大きれば、調節すると、損害スピードを早いほどです。最後、どんな大きな気圧でも、良い切削効果に達すことができません。ベアリングを交換せざるを得ない結果になります。しかし、タービンにとって、最も高い部品はベアリングです。それは大部分の医者にとって、お得な方法ではないでしょう。
そして、大部分の歯科タービンの故障はおもにベアリングの故障です。一方、ベアリングの寿命に影響するのはおもに、長時間使用と潤滑、この二つの要因です。だから、使用過程に、下記のpointを注意してください
1、治療前に、2本の高速ハンドピースを用意して、治療過程に、交換して使用します。歯科タービンが使用される過程に、ベアリングはずっと回転します。この時、ベアリング内のボールは止まらないでベアリングの内輪と外輪に圧力を加えます。長時間を経って、ベアリングは人が長く働くように疲れを感じます。もし、他のタービンに交換して使用しないと、直接にベアリングの寿命を短くなります。一般的に、治療チェアーに2本の高速ハンドピースを付いています。もし、歯科医者さんは治療過程に、10分ごとに、交換して、ベアリング“疲れ”を解消することができます。それで、歯科タービンの使用寿命を伸ばすことができます。
2、ベアリングの清潔と潤滑も重要です。汚れなどの異物がベアリングに入り、ベアリング内のボールと内輪と外輪の摩擦を大きくします。清潔はベアリング内の異物を綺麗にすることで、潤滑はベアリング内のボールと内輪と外輪の摩擦を減少するためのことです。それなら、歯科タービンを高速に回転します。そして、からなず、専用润滑油を使用しなければなりませんね。だから、できるだけ、使用前に、注油しますね。また、増速コントラアングルなども注油しますね。
3、違うブランドボタービンによって、駆動気圧を選択すべきです。
4、歯科医療器具、タービンを3ヶ月使用したら、一回のメンテナンスのは必要です。
以上、もし、皆さんは何かいいアドバイスがあれば、コメントしますね。
【弊社は今、歯科ブログを書くライターを募集しています。3年以上の経験者、大歓迎!!】

もっと歯科機械/器具を情報を了解したいなら、歯科販売.comのBlogをフォローしましょうか。
———————–会社情報———————-
ショップ:歯科販売.com
本社所在地:〒400013 E-1-2B Yinzhong Building, #160th NO.1 Zhongshan Road, Yuzhong District, Chongqing, China
担当者:ちょうきん
連絡先:Tel:0086-023-62535604
メール:shikahanbai@outlook.com
事業内容:ホワイドニング機械専門店、歯科医療用品、機器、材料代理
URL先:http://www.shikahanbai.com/
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。