TOP > レジャー・アウトドア > 治療を行うにはバイアグラなどED治療薬を使用する事道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 治療を行うにはバイアグラなどED治療薬を使用する事道場

内科でも形成外科でも処方してもらえる

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 127
◇登録日
2017年9月18日
faewhrou
faewhrou
道場主

Lv.2

Check

内科でも形成外科でも処方してもらえる

 診察は問診と簡単な健康チェックだけなので、パンツははいたままでOK

診察は問診と簡単な健康チェックだけなので、パンツははいたままでOK

一大決心をして病院やクリニックに足を運ぶことにしたものの、どこに行けばいいのか迷う患者さんは少なくありません。患部の場所が場所だけに、EDの診察や治療などは泌尿器科でしかできないと思われがちです。しかし、処方に関しては何科でも構いません。EDであるかどうかは問診だけで診断がつくので、泌尿器以外の、例えば内科でも形成外科でも処方してもらうことができます。かかりつけ医でもOKです。

ED治療薬は、診察の結果EDであると診断され、服用しても差し支えないことが確認されれば、その場で処方してもらえます。

それでは、診察の流れをご説明しましょう。シアリス 通販診察室に入ると、身ぐるみはがれていろいろな検査を受けるシーンを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、よほど重度の泌尿器疾患でない限り、そのような光景に出合うことはありません。たいていは問診と簡単な健康チェックだけで終わります。

健康チェックは、ED治療薬の服用に支障がないかどうかを調べるためのものです。初めて受診する人のほとんどを占める「心因性ED」の場合であれば、まず問題なく処方されます。


そのEDは「心因性」か「器質性」か

EDの診断では、まずEDかどうかを確かめ、次にその原因が「心因性」か「器質性」かを見極めます。

心因性とは、身体に問題がなく、ストレスなど主として心理的な要因で起こるものをいい、器質性とは血管や神経、内分泌など、身体に問題があるため起こるものです。

EDの原因を詳しく調べるのは、心因性か器質性かによって、そ威哥王の後の治療方針が変わってくるからです。とはいえ、原因別で見ると圧倒的に心因性のEDが多いので、ほとんどの患者さんの場合はED治療薬の服用で驚くほど改善します。

また、心因性と器質性の要因が混在する「混合型」もあります。どちらかに特定できないとき、便宜的に混合型と呼ぶこともあります。この場合にもED治療薬は一定の効果を表します。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る